水星逆行の影響とマツコさんとN国党の立花党首

sponsored link

最近、マツコ・デラックスさんがSMAP

のことやNHKから国民を守る党の立花党首

とのことで何やら賑やかになっていますが、

事実の真偽はともかく、このような時の運勢

というものはあります。

3つ取り上げます。

一つ目はマツコさんのアセンダントに対して

トランジットの火星がスクエアです。

このようなタイミングは意見したことが

反発を招き易い時期になります。

本人的には自分の判断力に自信を感じ易いので

余計に積極的になります。

二つ目はマツコさんの太陽にトランジットの

水星がスクエアです。

このようなアスペクトが出来る時は頭脳の

働きは良いのですが、水星が逆行していると

今回のマツコさんとNHKから国民を守る党の

立花党首とのようなことになりかねません。

マツコさんがN国党について発言したのは

7月29日です。

この時はまだ水星は逆行中でした。

7月8日から8月1日まで逆行していました。

三つ目はマツコさんの火星とトランジットの

土星がスクエアです。

これは何かと心理的な葛藤を抱え易い状況を

作ってしまうタイミングです。

このようなタイミングは誰にでもありますから

こじらせないことが大切です。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!