恋愛の本当の敗北感

sponsored link

個人が多かれ少なかれ感じ易い感受点として、

月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、

アセンダントやMC、ドラゴンヘッドや

ドラゴンテイル等々ありますが、それらに

どのような天体が巡って来ているかという

ことを考えると人生は生ものです。

(それでも主語は太陽になります。)

実際は生もの部分だけが人生と言えます。

月サインに悪影響が続きそうな時は

逃げるが勝ち出すし、頼り無い天体や普段

あまり使わないサインであっても、

トランジットの天体がオポジションや

スクエアになることで、自分の持っている

天体がそのサインに染まる場合があります。

そのような時は普通なら付き合わないような

タイプの人としばらく交際することに

なったりします。

それがあったから良かった、間違いだったと

感じ方は様々ですが、正解かどうか考えるよりも

このレアな部分の貴重さを大切にした方が

人生は豊かになります。

そのような意味では正解はあって無いようなものです。

自分自身の正解にこだわることは勝ち負けに

こだわることとかなり似ていますが、どちらにしろ

その時に味あわなければ消えてなくなるものを

どのように楽しむか、有意義な経験に出来るかが

生きることの醍醐味かも知れません。

長い目で見たら振った振られたよりも、正解を

求め過ぎて様々な機会ときちんと向き合わなかった

方が敗北感に包まれます。

一つ一つの機会に誠実に向き合って納得

出来ていることがとても大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!