オーブの差はレベルの違い

sponsored link

アスペクトの許容範囲としてオーブは

何度までという曖昧な部分があります。

この許容範囲は人によってけっこう

差があります。

何が正しいのかというのはある意味では

ないかも知れませんが、影響力という

点では明確なことがあります。

アスペクトのオーブを広くとっても

その意味合いを段階的に深めようとした時に

その影響はすぐに消失してしまいます。

火星と天王星のコンジャンクションの独立性に

ついて書きましたが、独立のパワーは平面的な

ものではなくその程度に応じて意味合いは

深まっていきます。

オーブが広いとその意味合いが深まる力が

少なく、何層もある独立の段階の次へ

行くことが出来ないのです。

適切な例えどうか分かりませんが、会社の

部署内で少しだけ独立するレベルから脱サラ、

起業、単なる企業ではなくその業界でも

独自のポジションを作り出すような独立性の

レベルもあります。

これは単なる例えですが、オーブがタイトで

あればあるほど、深い影響力を発揮する

ことが出来ます。

オーブの差によって影響力が強い弱いというのは

強弱の問題ではなく、次の段階に行けるか

どうかという違いです。

オーブの差の影響は1度、2度ではなく、

少数点以下でも先々のレベルでは差が出ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!