後天的に発揮される芸術的資質について

sponsored link

芸術的資質を表す13のポイントという記事を

書いていますが、このような資質はネイタルの

ホロスコープだけではなく積極的に表現者の

道を目指すのであればハーモニック7の

ホロスコープにあったとしても大きな可能性を

秘めています。

ただしハーモニック7のホロスコープで

意味を持つのはコンジャンクションの

アスペクトのみになります。

それ以外のアスペクトは実際に才能として

発揮されるよりも異なる段階で発揮される

かも知れない可能性です。

どちらにしろかなりタイトなオーブでないと

扱わない方が良いでしょう。

ハーモニック7はその人が追い求め続けたい

テーマですから、ここに芸術的資質があれば

後天的に身に付くことになります。

後天的に身に付く事柄は本人自身に動機や

集中力がなければ無理な部分ですから、ネイタルの

ホロスコープとは意味合いが異なります。

このような資質がどのハウスで発揮されるかは

ネイタルのホロスコープにサインを照らし合わせて

確認する必要があるので気になる方は鑑定

してもらうこともありかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!