自分らしい成長と冥王星の関係

sponsored link

自分の進むべき道を考える方法という記事を

本質を育てるという観点で書きました。

このブログは現実社会の価値観に沿った

土星中心の成長よりも冥王星や海王星よりの

スピリチュアル寄りな成長を押しています。

昔は終身雇用のような体制が精神面にまで

浸透していましたが、現在は社会環境は

ともかく自分自身に関心の軸を向けている

人の方が多いかも知れません。

本質を育てる愛と育て直しの関係にお互いの

愛情によって自分自身の本質が明確に

されることを書きました。

池袋暴走の飯塚幸三氏のように人を殺めても

逮捕されない例もありますが基本的に

土星が表す社会的価値観の体現は職業人

としてのものであり、社会的な価値を

失えば終わりです。

個人の成長は自分自身の本質を成長させる

ことですから、愛情と切り離して考えることは

ナンセンスです。

成長するための愛は自分らしさというという

若干甘えや我がままが入ったものではなく

第8ハウスが表すようなお互いの本質に拘束

されるような義務を伴うものです。

義務と書きましたが、相性が良ければ

それが信頼や絆であり魂が表現したいものが

現実に展開されることで個人の成長を

実感出来るものです。

そのような成果は決して一方的なものではなく

愛情関係において共有されます。

sponsored link

自分の進むべき道を考える方法という記事では

ハーモニクス9で本質を知る方法を取り上げ

ましたが、その本質にアプローチするための

強固な現実の隙間は冥王星のあるハウスを

ヒントにすると良いかも知れません。

冥王星は蠍座の支配星ですから強固な現実を

通り抜ける道を見つけてくれます。

冥王星を直接的に扱う方法は個人天体

(月、水星、金星、太陽、木星、土星)と

アスペクトがあれば何となく自分なりの

力の入れどころを感じる部分があるかも

知れませんが、そのようなアスペクトがなくても

本気で火星を扱えばその延長線上で冥王星が

働き始めます。

人が魂を持った存在である以上、社会的な役割

だけで自分の存在の全てを受け入れるのは

無理があります。

この無理な部分を強引に社会的な役割に

持ち込もうとすると加害者になりかねません。

冥王星だけに限らず海王星も利用したい

ところですが、海王星はその価値を肯定すること

だけで十分かも知れません。

冥王星のように個人天体(火星)を力点にして呼び

込めるようなポイントがなく、あえて言えば

金星の延長とも言えますが、金星はかなり

内向きな感受性なのでそのままの姿勢の先に

海王星の働きを感じることは難しいでしょう。

海王星は肯定することでその働きに振り回され

なければ十分に役立つと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!