太陽サインを通して理想を受け取る場合のポイント

sponsored link

太陽サインを必要な理想を受け取る存在に

したいと思った場合のお話です。

例えば、基本的に3月21日から4月

19日までが牡羊座です。

この間には牡羊座0,01度から

牡羊座29、99度まで様々な度数の

牡羊座が含まれています。

ホロスコープを作ると牡羊座の度数が

小数点まで出てきますが、1度単位で

考えれば30種類の牡羊座の人がいる

ことになります。

牡羊座の人を30タイプの人に分けても

良いのですが、明白に感じられ易い個性は

5度ずつを一つのグループとして扱った場合です。

5分割にはそのような力があります。

占星術で言えば獅子座です。

1度、つまり1はそもそもの始まり

ではありますが、その個性を拾うのは

なかなか大変です。

5度ずつわけると牡羊座は6グループに

分けることが出来ます。

他の全てのサインも同じですから、12サインに

×6で72種類になります。

一つのサインが6種類になるだけでサイン

(星座)は12個のままです。

ただそれぞれの個性を72種類に分けて

考えるとかなり自分自身の太陽サインに

必要なメッセージを受け取り易くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!