家庭運と仕事運が同時に発展する理由(第4、10ハウス)

sponsored link

トータルでの仕事運と言うべき社会運は

第10ハウスで考えますが、第10ハウスが

示すような内容を達成するには第4ハウス

である家庭が推進力になります。

占星術的には第10ハウスと第4ハウスは

オポジションの関係(前進する力)になるから

なのであって、第5ハウス(恋愛運)の原点が

第4ハウスになることとは意味が異なります。

つまり仕事運は第4ハウス(家庭)が苦悩に

満ちたものであっても、それを原動力に

出来れば第10ハウス的な社会運は発展します。

ただ一般論としては第4ハウス(家庭)が

不和であれば第10ハウス(社会運)も

伸びていくのは難しいです。

第10ハウスの価値は客観的な成功であり、

個人的な甘えは許されませんが、第4ハウス

(家庭)は甘えが許されるというか、甘えを

満たし合うような場所です。

このように第10ハウスと第4ハウスは

対象的な要素を持っていますが、だからこそ

前進してけます。

頑張るだけでは続きませんし、それだけでは

何のために頑張るのかという問題になります。

家庭のために頑張るという単純なことではなく

家庭があるから頑張れるという補い合う関係に

なっています。

家族がそれぞれに成長して社会に飛び込み、新たな

活力を手に入れるという流れと交互に作用する

ことで社会運、家庭運と共に前進していきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!