志村正彦さんのスピリチュアルな願い

sponsored link

志村正彦さんが生涯を通して求めていたものは

何だったのかハーモニクス7を通して考えてみると、

一番タイトなコンジャンクションは木星と

海王星で、1、14度です。

志村正彦さんが飛び込んだ海王星という記事を

以前書きましたが、これはネイタルのホロスコープ

を通して書いています。

ハーモニクス7のホロスコープはその人が

生涯を通して追い求めたい夢みたいなものです。

発芽という表現が使われますが、そのような

しるしはコンジャンクションのアスペクトのみで

他のアスペクトは内在している状態とします。

志村正彦さんが求めていた夢は木星と海王星が

作り出す幻想的な社会です。

木星は社会性があるので自分が受け取った幻想を

多くの人と共有したいという夢を描いていたことが

窺えます。

一言で言えば志村正彦さん感じるユートピア

みたいなものを多くの人と分かち合いたいと

願っていたと思います。

このアスペクトだけであれば福祉的な意味合いも

強いのですが、志村正彦さんのハーモニクス7には

火星と金性のコンジャンクション(オーブ3,8度)と

火星と天王星コンジャンクション(オーブ4、14度)

もあります。

sponsored link

ネイタルのホロスコープではなくハーモニクス7

なので、理想寄りの解釈をすると火星と金性の

コンジャンクションは享楽性を追い求めるでしょう。

享楽性と言うと怠惰なイメージが強い人もいらっしゃる

かも知れませんが、木星と海王星のコンジャンクションが

最もタイトなのでそれが優先することを考慮すると

スピリチュアルな享楽性に傾く感じになると考えます。

その反対に位置するのは身体的快楽に寄っていくものです。

スピリチュアルな享楽性の代表は音楽です。

そして音に乗る感情には憧れや悲しみ、ジェラシー、

不安、優しさ、希望、幸福感等々様々な感情が

リズムに乗ることで享楽的なものになっていきます。

もう一つは少しオーブ広めの4、14度の火星と

天王星のコンジャンクションです。

これはもう自分のすることがオリジナルでありたい

という独自性への強い憧れが窺えます。

生まれ時間が分からないので他にも何らかの

コンジャンクションがあるかも知れませんが

分かる範囲で考えています。

ハーモニクス7ではなくその人の本質を示す

ハーモニクス9にドラゴンヘッドと海王星の

コンジャンクションがオーブ0、37度という

とてもタイトな形であります。

これは海王星が表すような幻想的なビジョンと

家系的な意思が深く結びついていることを

示しますから、志村正彦さんにとって音楽を

作り出すということは宿命的なことだったことが

窺えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!