サイン(星座)のそれぞれの度数域について

sponsored link

太陽サインを通して理想を受け取る場合のポイント

という記事を書きました。

同じサインであっても度数でかなり性質が違います

というお話でした。

一つのサインを1度ずつ分けて30分割すると

大変なので、せめて5度分割(意味はあります)に

するという内容でした。

それぞれのグループについて書いています。

1度から5度の場合

どのようなサイン(星座)であっても1度から5度の

初期度数の場合は妥協が出来ません。

それどころかそのサイン(星座)らしくなるために

必死と言うか無意識に全力を尽くしています。

この度数でのサインらしさとはサインは性質を

意味するのに可笑しな表現ですが、そのサインの

型、輪郭みたいなものです。

それは大人しくても内面でそのような

戦いをしています。

頑張りではありません。

戦いです。

一つの前のサインを否定する必要があるので

戦いなのです。

6度から10度の場合

そのサイン(星座)らしい性質を深めていきます。

11度から15度の場合

そのサインらしい型と性質が備わったこのグループは

そのサインに相応しい冒険、実験を行います。

そのサイン特有のサインらしさがあります。

sponsored link

16度から20度の場合

そのサイン(星座)らしさは減りますが、そのサイン

特有の弱点は改善されますし、その結果

深みが増します。

21度から25度の場合

そのサイン(星座)の最も力強い度数域です。

この度数域はそれぞれの度数のキャラクターが

はっきりと目立つ傾向があります。

26度から30度の場合

サインは本来性質を表しますから空気みたいな

ものなのですが、この度数域になると

そのような曖昧な状態には納得出来ずに

相応しい形を求めます。

現実の中で形にするとなるとサイン(星座)らしさが

個人の能力とコラボレーションすることになるので

外側だけを第三者から見たら少し分かり難い

かも知れません。

まとめ

この6つの度数域の役割は牡羊座から乙女座の

プロセスや数字の意味を通して考えると

それぞれの役割が浮かび上がってきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!