小6男児と猥褻行為逮捕されたシングルマザーの動機

sponsored link

小6男児と猥褻行為逮捕されたシングルマザーの

動機を姓名判断で考えてみました。

逮捕された長尾里佳被告の総画数は30画です。

結論から言えば天格、人格、地格、外格の

バランスでこのような事件を起こすことを

考えることは出来ません。

ただ長尾里佳被告の画数構成は特殊です。

姓名判断は旧漢字で行います。

長は8画、尾は7画、里は7画、佳は8画です。

これを縦に並べるとある特徴が一目で分かります。

長8

尾7

里7

佳8

一番上と下が同じ数字で苗字の下と名前の上の

文字が同じです。

このような名前の構成の場合は非常に

ストレスが多く結婚も仕事も上手く

いかない傾向があります。

性的な傾向は地画で考えますが、女性の15画は

愛のない交渉は好まない傾向があります。

愛の定義は人それぞれですが、長尾里佳被告の

今回の事件を考えると安全な相手という

意味合いも大きかったかも知れません。

若しくは純粋さや汚れの無さと言ったようなことを

求めたのかも知れません。

そのような対象の選択に男児の年齢を指定していた

節もあるので、その年齢に個人的な思い入れが

あったのかも知れません。

理由はともあれ、愛の条件です。

sponsored link

そしてもう一つは総画数である30画は

かなり思い切った行動を取ります。

今回はシングルマザーと男子児童と言う特殊な

組み合わせですが、総画数30画では相手と

結婚出来ないと分かっていて勢いで深い関係を

重ねてトラブルになる傾向があります。

一度だけで止められないのです。

人格の14画は長尾里佳被告本人自身が

性的に早熟だった可能性があります。

つまり12歳でそのような経験をした可能性です。

外格の16画は最近事件で見られる数字で

吉数の悪用です。

他者のエネルギーを奪ってでも願いを叶える

方向で使われています。

長尾里佳被告の名前の音ですが、ながおりか

という音から対人関係を考えると自己中心的な

側面が強さが窺えます。

総合的に考えると個人的な性欲を客観的に

考えることをせずにそのまま行動する

非情さを抱えているタイプです。

姓名判断的に考えても再犯の可能性は高いと

思われます。

なぜなら懲りない名前だからです。

被害児童は他人だからOKという程度の良心

である可能性を感じます。

姓名判断は画数、音、数字等を複合的に使うと

読み易くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!