明日の魚座満月は生まれ変わりのヒントを得るチャンス

sponsored link

遂にやって来ました、魚座の満月です。

今回の満月はサビアン度数魚座22度です。

何をそんなに待っていたのかと言うと

魚座の持つ知性が存在の全体をイメージで

繋げてくれる力です。

今回は海王星とコンジャンクションでも

あるので余計にその力は強力です。

魚座の知性は表面的にはファンタジーの

ようですが、そのように見えたり感じたり

する理由は、人が一つの現実しか生きて

いないからです。

違う現実を表現するにはル-ルに何らかの

表現方法に則る必要があります。

子供の頃は自分自身のイマジネーションに

基づいて、様々なものを現実の用途以外の

使い方をすることで自分が感じていることを

表現して遊びます。

ところが、そのような行動をずっとしていたら

知能検査を受けさせられますし、普通の感覚が

あれば「恥ずかしい」と感じて年齢に相応しい

行動パターンを身に付けていきます。

中には大人ぶって背伸びする子もいます。

逆に大人になって幼児プレイにはまる人たちも

いますが、その全ては同じ世界の中である程度

暗黙の了解の中で行われる趣味嗜好です。

今回の魚座の満月は、そのような窮屈なことでは

ありません。

多層的に展開しているありのままのその人を

綺麗に秩序立ててくれるのです。

sponsored link

スピリチュアル的には人の存在は7段階に

渡るとか発展の運動を含めると10段階とか

様々な捉え方をされますが、小難しいことは

別にして月サイン一つとっても感情の変化や

環境、一緒にいる人間によって様々な面が

あることを誰でも感じているはずです。

同じ階層にある別の表れ方も当然そこには

あるでしょうが、明らかに階層の異なる

深い部分にあると感じられるものや

自分にしては高尚な感じ方をするような場合

等々様々な段階があります。

これらを秩序立ててくれるのが今回の魚座の

満月です。

もちろん、秩序立てられるポイントは月だけ

ではなく無数にあります。

このように立体的に整理出来る知性は魚座しか

ありません。

人が言葉を語る時に五感で感じたことと霊能で

感じたことを一緒に話せば、感じられない人からは

嘘つき呼ばわりされます。

どんなに素晴らしい音楽でも同じ場所で同時に

演奏すると何が何だか分からなくなります。

絵も同じキャンバスに描けば最初の絵は

塗り潰されてしまいます。

これが魚座の混乱です。

平面的な現実では整理仕切れないものを

私たちはいっぱい抱えていますし、そもそも

私たち自身が多層的に展開している存在です。

そのような在り方をふと立ち止まって整え直して

くれる有難い満月です。

このようなものはビジョンとして与えられます。

今回の満月は慌ただしく過ごすと勿体無いです。

このビジョンを受け取るためにリラックスした

時間を確保したいものです。

ビジョンを受け取る器が見えている場合は

早目に整えるのもありです。

見えていなくてもイメージに覆われて

日常的な作業に身が入り難い人もいるかも

知れません。

そのような場合は満月は明日ですが少し

感じるものに耳を澄ましてみましょう。

ビジョンですから目で見るように思われるかも

知れませんが、気配は耳からです。

得られたビジョンの中から何をピックアップ

するかはまた別になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!