月サインの成熟度合いの占い方

sponsored link

傷ついた月を持った人が好きな人と納得できる恋愛する方法

という記事に

「その人の月サインがどれくらい育っているかは

ほぼ育った環境、つまり親子関係で決まります。」

と書きました。

気持ち(月サイン)の成熟度合いの判断ですが、

自分自身のホロスコープの月サインのアスペクト

や月のハウスだけでなく両親の太陽や月との

相性を併せて考えます。

親は人情として子供に期待しますから両親の

太陽と自分の月の角度で相性を考えます。

親個人のキャラクターとの相性を考えるなら

親の月サインとの相性も知りたいところですが

親の生まれ時間はほとんどの場合分かりません。

1、自分の月のアスペクトやハウス。

2、自分の月と太陽の相性。

3、面倒でなければ月と他の感受点の相性を

通して月のコンディションを考えます。

4、自分の月と両親の太陽との相性。

5、1から4と実感を比較します。

(実感は経験や努力で変化します)

相性を考える時は、5度を一つの度数域として

生まれる狭い角度の意味を考えると現実の

親からの影響が分かります。

相性を見る方法は他にもありますが、

親からは生まれた時から影響を受けるので

このような方法が合います。

生まれた時からの影響は、その人にとって

愛情に対する見えないルールとして働きます。

このルールが月サインの成熟度合いに

大きな影響を与えます。

この影響と本人自身の月のアスペクトや

ハウス、サインと併せて考えるとどのような

制約を受けているか分かります。

制約が良い方向に働いているのか、

そうではないのかは本人自身が一番実感出来ます。

そのような実感は親子関係にまつわる封印された

記憶も呼び戻すことがありますから、コンディションが

良い時に落ち着いた環境で行って下さい。

後ほど記事にしますが、この方法を応用すれば

子供の月の成熟に自分自身が親としてどのような

影響を与えるか考えることも出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!