第9ハウスリリスの癒しを生活に持ち込むポイント

sponsored link

第9ハウスにリリスがあるタイプの人は

幻想に憧れて様々な恋愛の機会を

失う可能性があります。

見果てぬ夢と言えるようなものであれば

良いのですが、その夢は具体的なものではなく

本当に寝てみる夢のようなものです。

寝ている夢という理由は、取り止めのない

妄想のようなものだからです。

ただその人にとっては美しい妄想ですから

夢や憧れと表現されます。

しかし、このような夢、憧れを真剣に

追いかけると現実の生活は崩壊しかねません。

あくまでもサブ的な夢としてこっそりと

扱い続けることがベストです。

しかし中には見えない世界のようなものに

親和性が強いキャラクタータイプの人がいて

全力でリリスが与える謎のビジョンに生活基盤を

かけて飛び込んでいく人がいますが、ほぼ100

パーセント挫折しますから、生活基盤ではなく

心理的な期待感であっても全ての気持ちを

すべてそこに向けるのはとても危険です。

リリスが示す内容は現実で報われるものでは

ないからです。

リリスが見せる夢は癒しにはなりますから

区切られた範囲で真剣に接触するのは役立ちます。

このような取り扱いの傾向はリリスのある

ハウスに言えるものですから、リリスは

癒し程度に留めて置くのが無難です。

あくまでも現実の手段とこの感性を結び付ける

場合はイマジネーションの泉として位置づけて

それを生かす手段との相性の程度において

良しとするべきです。

もし本気でリリスを扱う場合は実生活と

関係ない趣味的アプローチに留めることに

なりますが、それは自分だけ見えるUFOを

扱うようなものですから、客観的には

その趣味と自分が感じ取って楽しんでいる

感覚のズレが生じています。

そのズレに対して繊細な人はこっそりと

楽しむ方が無難です。

その感覚を他人との活動に持ち込むと

どんどん現実的な取り扱いになっていって

自分自身のリリスに触れることが

出来なくなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!