簡単に結婚後の様子を考える方法

sponsored link

例えば太陽サインが蠍座6、94度と

太陽サインが魚座14、57度の

カップルがいたとします。

このようなカップルは太陽サインの間には

メジャーアスペクトはないことになります。

120度を少し超えた角度なので

マイナーアスペクトでもありません。

このような太陽サインは360度を72

分割して5度を一つの度数域として考えると、

蠍座6,6度と魚座14、57度の狭い方の間

には25個の度数域があります。

度数域が24個であればトラインですから

分かり易いラブラブなカップルになります。

25個の度数域はそこから少しずれた

トラインが外側に崩れた状態です。

仲良くなるにはお互いがお互いに一歩ずつ

踏み込む必要があります。

言い方を変えれば、疲れた時や忙しい時は

それぞれ別々の行動を取れなければ長続き

させることが難しくなります。

ストレスの限界を超えた方が病気になることが

一般的な相性です。

これは太陽サイン同士の相性ですから、加えて

月サイン同士の相性をこのように観てみると

結婚生活のイメージをかなりつかみ易くなります。

その結末は土星サイン同士も見て下さい。

姓名判断で考える方法もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!