一緒にいるだけで自分を育ててくれる相性(自分を育て直す)

sponsored link

自分に合った幸せや楽しみのスタイルは

母親の眼差しである第9ハウスのサインで

考えるととてもマッチしたものが見出せます。

これは母親が何座だろうが、自分が何座

であろうと関係ありません。

実際の母親は人間として、現象として

様々な喜怒哀楽がありますが、第9ハウスは

自分にとっての理想的な愛されスタイルです。

無理なく明るい気持ちを回復出来ます。

(甘え過ぎ注意という面もあります。)

以前も書いたような気がしますが、

自分の第9ハウスのサインと同じ太陽サインの

パートナーを選択している夫婦もけっこう

いらっしゃいます。

これは自己拡大をスムーズにしてくれる

自然な相性になります。

母親の立ち位置にパートナーが入ることに

なります。

自分に合った生き方を選択したい時でも

この視点に戻って来れば、まず間違いは

ありません。

どのような母親にも善意があります。

その善意がどんなに悪意で隠れていたとしても

必ず善意も子供の中に届いています。

その善意を自分の意思やパートナーの存在の

後押しでいくらでも伸ばすことが出来ます。

sponsored link

第9ハウスを更に活用したい場合

第9ハウスのカスプのサビアン度数を活用する

ことで、より自分に合った幸運術が見出せます。

正しいカスプの度数を見出すのは、生まれ時間が

正確でないと難しいですが、どうしても

探したい場合は、ホロスコープの360度を

72分割して5度を一つの度数域として

活用することをお勧めしています。

一つのサインを1度から5度に順番よく

5度ずつ分割していくと、第9ハウスの

カスプが入るグループがあります。

その前後のグループも含めて、その幾つかの

グループの中からピンと来るサビアン度数を

探せば間違いは少ないでしょう。

それでもいくつかこれかもと思うような場合は

180度反対のサビアンの解説を読んでも

自分に合っているようなものであれば

かなり間違いがなくなります。

サビアン度数はかなりピンポイントです。

調子が良い時は的を絞って使うと良いですが、

そうでもない場合やそれほどテンションが

上がらない場合は第9ハウスのサインの大まかな

意味を大切にすると調子が上がってきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!