現代ならではの第12ハウス的金運

sponsored link

今は様々な生き方が出来る時代です。

上手に表現出来れば色々なものが価値を持ちます。

もちろん現在でも多くの人は、どこかの組織に

所属して給料を得るスタイルが多いかも

知れませんが、一昔(二昔?)くらいまでは

それ以外の稼ぎ方は特別な才能のある人の

特権的行為でした。

現在は様々な気持ちや価値観を表現する

能力があれば稼げる時代になりました。

中にはとんでもない収入を得ている

人たちもいます。

このような気持ち(月)、価値観(太陽)は

個人の力というよりも相性から生み出されます。

太陽サインの組み合わせから、このような

パワーが引き出されればチームでしょう。

友人関係や夫婦であれば社会との接点の大きな

自営業のような形が考えられますが、この記事で

お伝えしたいのは月の相性が作り出す

プライベートな価値観が生み出すものです。

この相性は地位や権力のようなものは生み

出しませんが現代ならお金を作り出すことは

出来ます。

例えばカップルの一人の月サインが射手座の

21度から25度の度数域にあって、

もう一人の月サインが水瓶座の6度から10度の

度数域にあるような場合、他の条件もありますが、

呪術的なパワーを発揮して大きな収入を得る

原動力に出来ます。

他の相性でもやり方次第ではそのような効果を

生み出すことが出来ます。

ただ太陽サインが作り出す相性のように

社会的なものではないのでかなり自閉した

ものになりますから、好みの別れる金運だと

思います。

太陽サインや月サインが獅子座や射手座、

山羊座だったりすると、たとえお金になったと

しても生き方として好まない可能性が高いでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!