月の相性が生み出す幸運を生かすポイント

sponsored link

現代ならではの第12ハウス的金運

という記事に月サインの相性が生み出す

金運について書きましたが、誤解が

無いように言えば工夫次第でどのような

角度の相性でもやり方はあります。

逆に言えばどのような相性でも

やり方を間違えば失敗する可能性がある

とういことです。

しかしどんなに美しい人でもお風呂も

入らず、掃除もせずに暮らせばボロボロに

なるのと同じで、努力によってそれぞれの運に

育て易い相性はあります。

冷静に考えれば分かることですが、

占星術で頻繁に解説されるような相性の

ポイントがなくても人と人の間には相性

というものが存在します。

あらゆる二人の感受点が作り出す角度を

丁寧に読んでいけば、どこかに強味が

あるはずです。

これは知識とイマジネーションの両方が

必要ですが、ピンと来るものがあれば

翌日からでも新しいエネルギーが流れ始めます。

このブログではその人に霊能的力を出来るだけ

引き出す観点から第8ハウスや第12ハウスを

取り上げる機会が多いですが、個人の資質が

展開するには限界があります。

誰かと結び付くことで引き出せる可能性の

バリエーションを生かさない手はありません。

sponsored link

生かすためには理屈から入ったら駄目です。

気持ちが先です。

(これは霊的な部分を生かすためであって

現実的な成功はサインのタイプによって

データ重視で大成功をするタイプの人もいます。)

気持ちをどのように生かせば良いのか

と考えることが本当の相性です。

呪術的な力は気持ちの放出する部分を狭くする

ことから生まれる集中力です。

その放出口が一つであれば高圧です。

小さいものが無数にあるかも知れません。

そのような水は虹がかかります。

相性の良いポイントが沢山あれば楽な関係は

築けますが、でも好きになれない場合も

沢山あります。

それは大きなポイント以外の部分を無視している

こともありますが、魂の相性まで占星術の

理論には表れてきません。

このような相性の例はある程度の共通項は

それぞれのパターンでありますが、現代ならではの

第12ハウスの金運に書いた月サインの相性から

生まれるもののように実体化するまで時間が

かかるものもあります。

月サインの相性を現実に誕生させるには蠍座の

パワーを持った人が得意でしょう。

蠍座は月と相性が良くないですが、待てます。

月は蟹座の支配星ですが、蟹座はせっかちな場合が

多く、生まれるまで待てません。

まだ魚座であれば忘れた頃に生まれる可能性が

あります。

蠍座は時に怒りを感じながらも諦めずに

宿ったものを育て続けます。

それぞれのサインによって相性が持つ種類によって

得意不得意がありますから、メジャーな相性の

ポイント以外はケースバイケースです。

しかし本当の相性は意外と見え難いところにあって

良い意味で長く続く二人はそこを信じ合っていたり

知らずに支えられています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!