考え過ぎたら不幸になる3つの占星術的ポイント

sponsored link

幸運な状態やついている時は自分の中の

バランスが上手く取れていて尚且つ

それが現実に反映されています。

逆についていない時は、何かの要素が

突出してしまいバランスが崩れてしまい

時間が経過するにつれて無理が疲労になり

我慢の結界が崩れてしまった状態です。

誤魔化しが利かなくなることで、

バランスを欠いた状態が現実に反映されます。

苦しい時や悩んだ時は意識的に原因や

改善方法について考えます。

この考えるという行為は占星術的には水星の

役割で、水星は双子座と乙女座の支配星です。

まず双子座のハウスについて考えます。

双子座はロジカルに考えますが、あまり

自分自身の個性のバランス以上に理屈っぽく

考えてしまうと大切なものを駄目にしてしまいます。

誰にでも自分自身の大切な価値観みたいなものが

ありますが、それが崩壊して機能しなくなるまで

考えてしまうのが双子座です。

ある女性は初めて交際した彼と別れた原因を

生物学的な男性の性質によって浮気するという

説を引っ張り出してきて自分を納得させていました。

そして男性とはそんなものという結論を

作り上げたのです。

客観的にはたまたま最初に交際した相手が

そのようなキャラクターの男性だったに過ぎません。

これは双子座の過剰使用です。

sponsored link

占星術的に言えば自分と相手の感受点の相性や

コンポジットで二人が親密になった時に

生まれる二人のキャラとお互いの相性等々

あくまで二人にとってどうだったのか考えなければ

恋愛の意味を喪失し、嫉妬や憎悪で心の傷に

フタをすることになります。

水星は乙女座の支配でもあります。

乙女座が過剰に働くと自分が見たいものしか

認識しなくなります。

必要なものを見定める乙女座の能力が

暴走している状態です。

1、双子座のハウス

2、乙女座のハウス

3、水星のサインとハウス

等々の象意の中で何かしら過剰に働かせ

過ぎていないか確かめてみて下さい。

苦しい時ほど、知性が偏って自分自身の

考え方が余計に自分を傷付け苦しめます。

水星は過剰に働くと感情を破壊します。

その結末は自分の生きる意味を見失う

ということです。

この見るという感覚は乙女座です。

生きる意味の意味を考えるのは双子座です。

ところが生きることは何かを感じることです。

その究極は感動です。

意味は後付けですし、ましてや意味は自分が

見るものではなく、何らかの理由があって

他人に見せるものです。

水星はあくまでも道具ですから、自分の個性に

沿って正しい使い方をする必要があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!