目黒女児虐待死亡事件判決と虐待相談ダイヤル

sponsored link

目黒女児虐待死亡事件で主犯格である

義理の父親、船戸雄大被告の裁判が

行われました。

判決は10月15日ですが、求刑は懲役

18年だそうです。

その是非はともかく、全身に170箇所以上の

傷痕と餓死させられたと言って良い状況は

言葉にならないものがあります。

日本では心理的、身体的虐待が年間11万件、

ネグレクトが3万件、性的虐待が約1600件と

報告されていますが、児童虐待を相談を受ける

児童相談所全国共通ダイヤル(189)は有料です。

幼い子供が兄弟姉妹が虐待されているのを他人に

伝えるために行動した事件もありました。

その子供はこのダイヤルを利用したわけでは

ありませんが、そのようなケースもあるので

周知の徹底と通話料金の無料化をして

頂きたいと思います。

不可解なことは、ルールも決まり、予算も付いた

はずなのに現行も有料です。

結愛さんのように拷問的虐待で亡くなる子供が

いない日本になって欲しいと思います。

それにしても行った行為と求刑のバランスが

合わないような気がします。

判決では求刑よりも軽くなることは頻繁にあります。

判決を待ちたいと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!