赤い糸を寄せる母親問題の扱い方

sponsored link

12サイン別、母親から、どのように愛されたか

に書いた視点は、実際の母親のキャラクター

ではなく、母親のまなざしから肯定的された

自分の生きる姿勢です。

子供側の視点で見れば、母親にどのように

評価されたいかということです。

愛されようとして無意識にアピールする時の

行動パターンも読み取れます。

愛してくれる人のまなざしは、その人を支える

重要な柱です。

人は、誰かの中に自分のイメージをしっかりと

描けないと苦しいというよりも、存在自体が

不安定になります。

悪い母親は子供から求められている優越感を

感じながら、子供を拒否します。

極端なことを言えば、社会性があると言うことは

本当の自分よりも、誰かの心に映った自分を

生きようとすることです。

しかし、このような状態は良くも悪くも

ありません。

良い意味で期待に応えることは大切です。

問題は本当の自分よりも誰かの心の中の自分に

価値があるように感じることです。

その先には、そのイメージと本来の自分の相性の

問題がありますが、まずは誰かの中にしっかりと

定着出来ないことには次に進めない現実があります。

これは誰かと愛し合わないことには超えられない

壁として、その人の前に立ちはだかります。

sponsored link

親から与えられた愛に満足している人は

そのままで幸せに生きられます。

そうでない人は単独では苦しい気持ちから

逃れることは出来ません。

最終的に相性の良いパートナーのまなざしの中で

幸せに生きられるようになるにしても、まなざしの

中に定着するやり方は、母親のまなざしに

定着した時の状態がそのまま継続します。

どのような育ち方をしても母なるものを肯定

しながら、それを乗り越えていく道筋を独力で

作ることで、苦しい愛から少し浮き上がって

いられる間に自分に相応しいパートナーに

出会わなければなりません。

自分の中の愛の認識が変わらない間は意思の力で

背伸びしています。

この状態は長くは続きません。

それでも母なるもののまなざしの長所を発揮する

ことが、後々の愛情関係の質を良いものにします。

それは、実際的な和解、それが無理ならば

イメージの修正(理解の在り方の変更)を促す行動が

必要になりますが、それだけの価値はあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!