第1ハウス金星の幸運を受け取る

sponsored link

第1ハウスに金星があると愛され易くなります。

そのような理由で、トランジットの金星がネイタルの

ホロスコープの第1ハウスに入って来るとモテ期到来

と言ったような言い方も出来ますが、本能の表す

第1ハウスなので愛するよりも愛してもらう形に

なり易く、自分の好みを前面に出すと実際の恋愛では

案外難しいところがあります。

第1ハウスに金星があると好みに対して妥協

出来ないので、その好みの種類や性質次第でかなり

恋愛の状況は変わります。

そもそも第1ハウスの金星はもてると言うよりも

愛されるという方がより正確です。

どこかしら愛くるしい側面をもっていて、目を

かけてもらえたり、チャンスを与えてもらい

易かったりします。

本能的な部分に根差した感覚を愛してもらえるので

それを好むタイプの人からは、かなり甘やかされる

ことになりますが、結果的にそれがどのような

影響を作り出すかはホロスコープ全体の問題です。

本能に根差した美的感覚を能動的に表現出来れば

芸術的活動も成り立ちますが、表現する力を表す

アスペクト等がなければ、単なる美意識になります。

この美意識こそが第1ハウス金星の主体です。

これを生かす視点と表現方法を見つける努力が

出来れば、第1ハウス金星を持つタイプの人の

幸運を受け取ることが出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!