第1ハウス天王星の生かし方

sponsored link

本能の第1ハウスに天王星があると表向き、

裏向き関係なく自分を貫きたくなります。

他人に反抗しようと画策するのではなく

理屈抜きで従いたくない気持ちが働きます。

まさしく本能です。

この性質は相手が高圧的に出れば出るほど

生命エネルギーを点火しますから、常識的に

考えればかなり厄介です。

敵の数が多くなるほどワクワクしてこなければ

第1ハウス天王星ではありません。

抑え込まれてもあの手この手で反撃方法を

考える方が第1ハウス天王星としては

質が高いと言って良いかも知れません。

これは冗談でも煽っているのでもなく

天王星が持つ海王星、冥王星の力を取り次ぐ

機能を考えると、新しい可能性がどんどん

流入している状態だからです。

何かしら対象があって反抗しているような状態は

運動の法則として持ちつ持たれつであり、

どんなに創意工夫が働いても遊びに過ぎません。

それは親猫が子猫に動く生き物を与えて

遊ぶ練習をさせるようなものです。

子猫が遊んでいるのとさほど変わりません。

天王星の独自性は自律的な回転を作り出して

いくことで初めて本当の新しい可能性を持った

道として立ち上がります。

第1ハウス天王星は悪ふざけが過ぎると

良くないので、ホロスコープ全体を通して

大人になることがとても大切です。

天王星に限らずトランスサタニアンは生かせるか

どうかで状況はまったく異なります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!