第2ハウス蠍座の稼ぐコツ

sponsored link

第2ハウスは保存、所有のハウスですが、

それを現実に行うには金銭の獲得が

必要という意味で能力による収入を考える

ハウスとされています。

占星術のユニークなところですが、

例えば太陽サインは獅子座だったとしても

第2ハウスが蠍座であれば、収入に関する

キャラクターは蠍座ということになります。

蠍座は対象に深く侵入して一体化し

相手をコントロールします。

しかし、ここで待ったです。

第2ハウスが弱い第2ハウス蠍座の場合は

自分自身が乗っ取られます。

収入を得るには自分自身が乗っ取れる

相手や対象を選ばなければ儲けられません。

第2ハウスが蠍座の場合は、コントロール

出来る相手や対象を選択することが重要に

なるのです。

第2ハウスは第1ハウスに続くハウスですから

第1ハウスが示す本能を生かすための能力

という言い方も出来ます。

そうなるとインターセプトされていなければ

第1ハウスは天秤座になります。

天秤座の度数によってその内容に違いはありますが、

基本的に他人の個性を扱うことになります。

その個性をコントロールする側に回らなければ

第2ハウス蠍座は収入を得ることが出来ません。

自分が乗っ取られてしまえば、自分自身が

他人の収入にされてしまいます。

しかし、それでは生きていけないので、

自分がコントロール出来る何かを探さなければ

という本能が強く働きます。

実際にそのような立ち位置を取ることで

稼げるようになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!