東須磨小学校女帝の姓名判断

東須磨小学校の女帝と言われる人物の

情報が恐ろし過ぎて、本当にこんな

教師が子供に教えているのかと

にわかに信じがたいものがあります。

謝罪分文が出されたりするので、教員間の

イジメ事件は本当にあったのでしょうが

まだ公式には名前は出て来ません。

あまりにセンセーショナルなので

ネット情報の段階ですから、画数だけの表記で

占ってみたいと思います。

sponsored link

総画数は、35画です。

天格(苗字)は、18画です。

人格(苗字の一番下と名前の一番上)は、15画です。

地格(名前)は、17画です。

外格(総画数から人格を引いた数)は、20画です。

この画数で占いますが、これが旧姓なのか

結婚後の名前なのかで変わります。

様々な情報を勘案して、結婚後の名前ということで

書きます。

もし旧姓と言うか、元名のままであれば、今回

書いた内容が元々の性格ということになります。

まず総画数ですが、35画は教育者向きの吉数です。

余談かも知れませんが、あげられている写真が

本当であれば、35画の雰囲気の人物には

見ませんから、そう言った意味でも結婚後の名前

だと思われます。

そもそも、女帝に関するネット情報が誤りであれば

全ての前提が崩れます。

天格から人格そして地格と言った画数の五行の

流れは金性、土性、金性といったもので

かなり幸運に恵まれるものです。

前校長のお気に入り(子飼い?)として招かれた

というのも本当かも知れません。

地格の17画は吉数ですが、相当に勝気で

かっとくれば手が出るような性質もありますが、

そこを抑えて努力に振り向けると良い名前です。

ただし強引、短気といった欠点はあります。

女性の名前がこの画数だと色事でトラブルことが

ありますが、その辺りの願望を後輩教員の男女に

投影したのかも知れません。

sponsored link

そして一番の問題は外格の20画です。

率直に言えば今回のような暴力行為の犯罪で

逮捕される人に多いパターンです。

最近は犯罪傾向が複雑化して良い画数が

違った方向にいくパターンが目立つのですが、

昔の三面記事に載るようなタイプの犯罪者は

外格や地格に20画がとても多いものでした。

須磨東小学校の事件のように本来であれば

真面目な人たちが働く環境であれば、総画数は

吉数でどこかに凶数があるという典型的な

配置になります。

この20画は一人で頑張るには良いのですが、

感情のバランスを崩し易くかっとなって

事件を起こします。

今回の女帝は犯罪行為が継続しているので

やはり元名ではないと思われます。

総画数が35画で外格20画が元名で

長期間に渡って陰湿な暴力行為を継続するための

環境をコントロール出来るとは思えません。

被害に遭われた方々との力関係や生年月日で

考えるホロスコープ、教育現場という密室空間等々

特殊性はありますが、20画絡みなら突発的な

ものになりがちです。

ただ、もう一つの可能性として言えば、

生まれ持った地格の17画と総画数35画の

バランスで考えれば、悪い面が出れば憎悪の

感情が強く大それたことを起こす場合があります。

このレアケースに該当するならば元名でしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!