専業主婦と兼業主婦はどちらが幸せになれるか。

専業主婦VS兼業主婦というテーマとまったく

関係ないようですが、太陽と月の役割の違いを

理解することで問題の本質を理解出来ます。

sponsored link

自分らしく生きられる人やついている人は

実は沢山の失敗をしています。

しかし本人自身は失敗と感じずに、それも

楽しいと思っているでしょう。

沢山の失敗をする理由は火星を積極的に

使って色々と試すからです。

ぐずぐずと考えずに良いなと感じたことを

次々に試していきます。

その中から本当に自分に合っているものと

沢山出会っていきます。

このような火星の使い方をリスキーだと

感じる人もいますし、実際に同じことを

したら大失敗をするタイプの人がいます。

それは自分の気持ち(月サイン)が感じている

ことを受け止めていない人です。

占星術的に幸運の受け皿はその人の月サインです。

どんなに美味しい料理でもちゃんとお皿に

盛り付けずに地面に置いてしまえば

食べられなくなってしまいます。

料理(幸運)を作って振る舞う人は親切なので

お皿に料理を盛り付けてくれます。

地面に直に置くようなことはしませんし、

テーブルにお洒落なクロスがあったりするでしょう。

太陽サイン(特にそのサビアン度数)を生きることで

社会的な幸運をつかめますが、それは姿勢であって

幸運そのものを受け取るお皿ではありません。

これは自分自身が社会に出て活躍しようが

家庭を中心に生活しようが、幸運と関係ないことを

意味しています。

自分自身の月サインを通して「良いな」と感じた

ことを積極的に試してみたことの中から自分に

あった幸運が見つかります。

まず月サインが感じたことがあって、それを火星が

トライアンドエラーを繰り返しながら洗練された

ものにしていきます。

sponsored link

実際に月と火星のアスペクトがあるタイプの人は

行動が機敏な人が多いものです。

この時に理想(太陽サイン)ありきではないのです。

月サインは幸運の受け皿ですが、月が受け止めた

ものは太陽に蓄積されていきます。

月が「良いな」と思ったものが少しずつ集まって

自分の理想(太陽サイン)が達成されるように

なっているのです。

ですから専業主婦でも兼業主婦でも、どちらでも

幸せになれる人はなれますし、なれない人は

なれません。

なかなか幸せになれない理由を専業とか兼業と

言ったスタイルの違いに転嫁しているだけです。

自分らしく幸せに生きるためには専業主婦だろうが

兼業主婦だろうが月サインが「良いな」と感じる

ことに火星を使ってどんどん挑戦しないといけません。

試してみないと分からないのが人間です。

月サインが機能しなけれな専業主婦は恐ろしく

退屈になってしまうでしょう。

おやつばかり食べ過ぎて恐ろしく肥満化し、

嫁ぎ先の義両親と実家の親の間で大戦争になった

女性を知っています。

結局、外に働きに出ることで健康を取り戻し

本人も「大変、大変」と言いながらそれなりに

楽しく暮らしています。

そもそも働くのが好きな女性が家を中心に

暮らすのは難しいものです。

そうかと言えば部屋のインテリアを常に刷新し続け

それを発信し専業主婦をしながら、相当な利益を

あげている女性もいます。

試すことが怖い人は自分の気持ちが分からないから

怖いのです。

それは真っ暗な知らない道を懐中電灯も持たずに

歩くようなものです。

恐いですし実際にとても危険です。

溝に落ちて怪我をするかも知れません。

月サインの「良いな」という感覚は闇を照らす

懐中電灯です。

月サインが元気な人は気持ちの良い昼間の世界に

生きていますから、どんどんやりたいことを

試していきます。

その結果、新しい好きなものを沢山発見します。

当たり前の結論で申し訳ないのですが、自分に

合った生き方であれば、どっちでも構わないのが

本当のところです。

ただ本当に自分が「良いな」と思えるバランスを

図る必要があります。

太陽サインと月サインの組合せがインコンジャクト

の組み合わせだったりすると自分の気持ちの

落としどころが分かり難く、合理的に考えると

月サインを軽視してしまったりと確かに

迷い易いサインの組み合わせはあります。

そのような時でもまずは月サインありきです。

気持ちが何か嫌と感じる部分がある場合でも

努力すれば良いことは増えますが、幸福の

バランス(嫌な量)は変わりません。

自分が何が好きか分からない人が、他人の

足を引っ張ることに時間とエネルギーを費やす

生き方をします。

自分の好きが分かれば忙しくて兼業主婦でも好きな

ことをしますし、専業主婦でもお金だって

いくらでも稼げます。

形にこだわりたくなる時は気持ちが見えなくなって

不安になっている時です。

そんな時に全力疾走すると大怪我をするので

ゆっくりと歩きましょう。

場合によっては一休みもありです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!