漠然とした不満から解放され自由な気分になる方法

sponsored link

サラリーマンが自嘲気味に自分のことを

社畜みたいに言うことがありますが、

スピリチュアルな観点からみたら、

誰にでもそのような側面はあります。

科学は否定しますが、世の中には不思議な

ことが沢山あります。

その中の一つに人類よりも高級な指導する

側の霊の存在とされる側の地球人という

考え方があります。

これを悪く見れば指導される側の多くの

地球人は誰かに管理されていることになります。

管理される立場の中で懸命に生きている

とも言えなくもないのです。

しかし、実際には自由な気分を味わいながら

生きている人たちもいます。

そのような観点の説明をはしょって、結果

だけを占星術的に言うとオポジションの関係に

ある太陽サインの資質を意識して使うことで、

そのような気分を味わい易くなります。

ヘリオセントリックという名前で呼ばれている

占星術的な見方になります。

sponsored link

しかしこの記事でお伝えしたいのは、スピリ

チュアルな側面の方です。

社畜とまでは言わなくても、常に何らかの

事情に追われていて自由に何かを考えるのは

難しいのが現代生活です。

限られた時間の中でやらねければならない

様々なことを行っているうちに1日は

終わっていきます。

そのような状況から少し抜け出る力を求めて

もっと働くというポジティブな人もいますが、

それが可能な頃はすでに人生の旬は過ぎ去って

しまっているかも知れません。

幼い頃は将来に備えて進学の準備の重要性を

説かれて、大人になれば老後に備えます。

それで人生を全う出来れば良いですが、

そうでない場合もありますし、納得出来るような

生き方にならないことも十分にあり得ます。

今を生きていないからかも知れません。

最後は亡くなった後の葬儀費用を心配します。

今を生きることは、その時の感情に任せて

やりたい放題するような我がままとは

異なります。

ではどうしたら今を生きられるのかと言うと

占星術的に表現すればオポジションのサインを

生きてみることです。

そのような意識を持ったとしても現実的に求める

価値は普通の太陽サインです。

説明は割愛しますが、オポジションのサインを

意識することで意識が上の次元を向きます。

これはスピリチュアルな作用であって、世俗的な

利益を直接的に増やすものではありません。

しかし少なくとも今を生きていないという気分に

捉われにくくしてくれます。

自分の太陽サインのサビアン度数の180度

反対のサビアン度数を使うことで、そのまま

その人のノウハウになります。

現実的な価値を達成することは、現実に生きる

私たちにとって重要且つ切実なことですが

それに精神的な価値まで拘束されると漠然

とした不満を感じるようになります。

ホロスコープの中に沢山の感受点があるように

個人の中には様々な要素が沢山詰まっています。

それら全てが自分ですが、何かの目的に

合わせることで、それらの重要性は分けられて

しまい都合良く使われます。

現代の価値観で言えば、生産性のない価値に

時間とエネルギーをかけるのは無駄ということです。

しかしこのような観点で自分の人生を扱うと

生かされない資質や偏った扱われ方は漠然とした

不満を生み出します。

そのような不満を解消するためなのか、自然発生的に

人類よりも高級な霊の存在が地球上を管理している

という考えが同時多発的に生まれ育ってきました。

確かめようがないことなので、本当でも嘘でも

構わないのですが、個人の資質を生産性に沿って

都合良く用いようとするやり方は、人間が家畜に

行っていることと確かにそっくりではあります。

ですから知らない間に漠然とした不満が高まっても

不思議ではありません。

だとすれば意識だけでも反対側(自分にとって

現実的ではない価値)に向ければ、そのような

息苦しさから解放されることになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!