HSPの占星術的対処方法について

sponsored link

HSP関連記事を幾つか書いて考えました。

12サイン別、感じ易くて傷付くHSP(月とASCのスクエア)

月星座 蟹座がHSPになる場合、ならない場合

月星座 乙女座がHSPになる場合、ならない場合

第12ハウスの月がHSPになる場合、ならない場合

社畜という言葉にはかなり問題がありますが、

誰かに人生そのものを管理され、その目的に

沿ってしか生きることを許されないという意味で

考えれば、経済にコントロールされる私たちは

その制限を受けることから逃れられません。

その結果、生活の様々な場面でそれらの制限と

直面することになります。

それらの幾つかは自分に合わないと感じて

当然ですが、楽しく生きるためには前向きに

適応するしかありません。

誰でもHSPになる可能性はあります。

例えは不適切かも知れませんが、生き物を

狭い空間で多頭飼いしたり、一人ぼっちにしたり

他にもストレスを与え続けると、自分で自分の

毛をむしったり、羽をむしったり、もっと

酷くなると自傷行為を始めます。

家畜はそのようなことを防ぐために

身体のあちこちを切断されて、肉や卵を

効率的に生産することを期待されます。

家畜は誰かの所有物ですから、自ら状況を

改善することは不可能ですが、もし自分の

個性にあった環境に移動出来れば、家畜だけ

ではなく私たち人間もHSPにはならない

のではないでしょうか。

sponsored link

ただ経済活動に人生をコントロールされる

ことで、合わない環境でもある程度適応

せざるを得ないこともあるでしょう。

そう考えた時にある程度変更可能なのは

自分の意識の持ち方です。

HSPのような状態の一つの答えとして

漠然とした不満から解放され自由な気分になる方法

という記事を書きました。

環境が生理的に合わないのであれば、

可能な限りそれを変えることが前提ですが、

それ以外の時代環境と個性の齟齬は、精神の

持ち方で対処するしかないかも知れません。

人間はその自由度を高く持てます。

自分の太陽サインのサビアン度数に対して

オポジションサビアン度数を意識の先に

置くことは、常に本来の太陽サインの

良い部分を引き出し続ける作用を生み出します。

占星術的視点からHSPに対する対処方

として考えてみましたが、後具体的な方法と

しては、出来るだけの多くの選択肢が持てる

状況を作ることかも知れません。

毎日、気分や状況は異なりますから、それに

合わせて対応出来るとそれほど苦しむことは

なくなります。

苦痛自体よりも苦痛から逃れられない状況の方が

慢性的なストレスによってメンタルの回復が

不可能な状態に追い込まれるのではないでしょうか。

その一助としてホロスコープ内の様々な感受点を

フォローしてみると良いかも知れません。

木星、土星、天王星、海王星、冥王星と

言ったような世代的な天体はともかく

個人天体や重要な感受点は、それぞれ個別に

扱う方法を具体的に持っているとそれが

そのまま現実の選択肢になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!