甘える方法と第8ハウス

sponsored link

水のハウスは心の大部分を占める無意識に

アプローチする扉です。

第8ハウスもその一つです。

そしてかなり使えるハウスです。

なぜなら第4ハウスは親の支配下にあり

与えられた環境を理解するメリットは

大きなものがありますが、自分自身で

コントロールすることは出来ません。

第4ハウスのカスプであるICを掘り下げても

同じことです。

第12ハウスは基本的に扱うことが難しい

ハウスです。

その点、恋愛からの結婚や就職活動からの

組織内での状態といった意味で第8ハウスは

第7ハウスの段階で選択が可能ですし、

第8ハウスそのものに入った時点では

努力することが出来ます。

例えば第8ハウスに火星がある場合です。

火星は自己主張する時の天体ですから

第8ハウスにあると深い関係に該当する

相手から何らかのエネルギーを奪う

という形になります。

sponsored link

奪うと言っても普通の人は可愛がられたり

組織に忠誠を尽くすことで報酬という形で

金銭を手に入れますから、遺産や贈与、

給与ということであって、意図された

保険金と言うようなダークなものを

指すようなことは全体的な問題です。

第8ハウスに天体が無くても支配星を

通してその働きを考えることが出来ます。

火星ほど激しく表れなくても誰にも

何に対しても依存しない人はいません。

間違った自立に取りつかれると

自分を傷付けます。

何よりも依存の無い自立は虚勢です。

多かれ少なかれどこかに甘えられる

何かがないと続きません。

本当にしっかりとしたタイプの人ほど

節度を持った甘えられる相手がいたり、

甘えられる何かを持っていて適切な

関係を築き上げています。

それは微笑ましいものであったり

美しく見える場合すらあります。

第8ハウスにある天体や支配星を通して

自分に合った甘え方を検討する価値は

大きなものがあります。

第8ハウスに何らかの天体があっても

支配星もチェックして下さい。

その時にサインも同時に考えます。

甘えが満たされていない状態が続くと

見えない亀裂が少しずつ走り出します。

それは危険な兆候です。

逆にどんなに大変でも満たされる機会が

あれば、簡単に負けたりしません。

何度でも復活します。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!