水瓶座の土星が個人に求めるものと与えるもの

sponsored link

不快なレベルの不安対策

甘える方法と第8ハウスを書いた理由は

水瓶座の土星時代がやって来るからです。

水瓶座のような生き方がスタンダードに

なってくると不安は増幅されます。

土星を中立的な視点で考えるとルールや

基準と言ったようなものです。

それが水瓶座のサインになると

一般的な意味でのお手本がなくなります。

誰かの真似をすることで仲間と認めれたり

褒められる世界は正解がありますから楽です。

山羊座の土星はまだ従うべき常識があります。

水瓶座の土星はそのような精神のセーフティー

ネットを認めません。

新たにHSPのカテゴリー設けましたが

自由は多くの人の不安を刺激します。

水瓶座は人の気持ちを無視するサインです。

時代の流れは天王星が牡牛座に入った3月

辺りから、個人主義的な準備が始まっています。

好きなことをして自分らしく生きる手段を

作ることを牡牛座天王星(個人の能力)を

促していました。

そして水瓶座の土星で終わることなく

その後は長い間水瓶座に冥王星が滞在します。

そうなると時間をかけて自分らしくない部分を

破壊された後に個性を作り上げるプロセスを

強制されます。

恐らく心療内科に訪れる人は増えるでしょう。

水瓶座の月を持つタイプの人が心を病み易い

傾向が示すように厳しい環境が訪れます。

もちろん、平等な視点で見れば偏った価値が

作り出している残酷さを少しでも排除するために

人の気持ちが作り出す腐敗する部分を淘汰

していくプロセスです。

その引き換えに自分のスタイルを構築して

悪い意味で群れない風通しの良い社会環境を

作り出そうとします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!