才能を伸ばしてくれるタイプの二つの見方

sponsored link

才能を伸ばしてくれる人はパートナーです。

生き辛いタイプの人ほど自分の才能に沿った

働き方をすることが大切です。

基本的に才能は第2ハウスで考えます。

サイン(星座)で考える方法もありますが、

分かり難いかも知れません。

第2ハウス(才能)を伸ばしてくれるのは

第2ハウスから6番目(インコンジャクト)の

第7ハウスになります。

第7ハウスはパートナーのタイプです。

もし才能を伸ばしたい場合は、第7ハウスを

よく検討すると、どのようなタイプの人が

自分を伸ばしてくれるのか分かります。

実際、パートナー(結婚相手)が才能を

伸ばしてくれる場合もあります。

このようなタイプの人は要所要所の感受点で

初期度数があったり、第7ハウスに土星が

あります。

第7ハウスの土星が仕事上のパートナー

ということもなくはないですが、基本は

結婚相手です。

もう一つの見方です。

sponsored link

才能はステリウムやオーバーロードと言った

天体が集中しているハウスにもあります。

「何ハウス 強い」で検索されるものです。

そのハウスから6番目のハウスが

伸ばしてくれるパートナーのタイプを示します。

例えば第12ハウスに天体が集中している

タイプの人は第5ハウスタイプの人が

才能を伸ばしてくれますが、実際に

第5ハウスに月サインを持っている人と

結婚する人もいます。

以下はハウス別の伸ばしてくれるタイプです。

第1ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第6ハウスで

イメージ出来ます。

第2ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第7ハウスで

イメージ出来ます。

第3ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第8ハウスで

イメージ出来ます。

第4ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第9ハウスで

イメージ出来ます。

第5ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第10ハウスで

イメージ出来ます。

第6ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第11ハウスで

イメージ出来ます。

第7ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第12ハウスで

イメージ出来ます。

第8ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第1ハウスで

イメージ出来ます。

第9ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第2ハウスで

イメージ出来ます。

第10ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第3ハウスで

イメージ出来ます。

第11ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第4ハウスで

イメージ出来ます。

第12ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第5ハウスで

イメージ出来ます。

第1ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第6ハウスで

イメージ出来ます。

第1ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第6ハウスで

イメージ出来ます。

第1ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第6ハウスで

イメージ出来ます。

第1ハウスに天体が集中していれば

伸ばしてくれるパートナーは第6ハウスで

イメージ出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!