自分らしさをどのように取り戻すか知る方法

sponsored link

忙しい日々が続くと一人の人間というよりも

会社や家庭の一部に組み込まれてしまって

抜け出せなくなります。

真面目だと評価されることが大切であれば

余計にそのような傾向が強くなるでしょう。

真面目に頑張らないと生活が回らない

という言い方が正しいかも知れません。

だとしたら、どこで自分らしさを

取り戻せば良いのか?

どこで羽目を外せば良いのか?

ということになります。

占星術的には天王星のあるハウスです。

真面目な女性でも謎の異性関係を持つタイプの

人は第5ハウス(恋愛)に天王星があります。

普通の恋愛では楽しめませんし、満足

出来ないのです。

能動的になれない場合は自由になれませんから

周囲が鬱陶しくなります。

第4ハウスに天王星があれば堅苦しい嫁ぎ先を

選ぶと離婚したくなるか、自由が利かずに

鬱になります。

自由に振る舞っても文句を言われない嫁ぎ先や

パートナーを見つけることが大切です。

sponsored link

何々ハウスにどのような天体があれば・・・

という条件は、本人自身が使いこなせるか

どうかで意味はまったく異なります。

自由にしたい欲求があるのに強い力で禁止

されたり、それを排除出来る能力や目を盗んで

自由を満喫できる能力がない場合は、本能が

自分自身を破壊してしまいます。

第1ハウスに天王星があると、常識に従うことは

難しくなります。

「常識なんか吹っ飛ばせ」という衝動が常に

押し寄せて来るのです。

自分らしさを取り戻すために非合法的なことを

することは許されません。

しかし天王星はどのハウスにあっても常識を

超えていこうとします。

そしてそれだけの魅力と開放感を人に与えます。

天王星は発明の象意もありますが、合法的に

常識を超えて自由になる自分なりの方法を

「発明」するしかありません。

ハウスにある天王星そのものを使うことが困難

であれば、天王星とアスペクトのある個人天体を

通して息抜きする方法もあります。

心がカラカラになって急いで自分らしさを

取り戻したい時は、ストローでジュースを飲む様な

まどろっこしさがありますが安全です。

どのような手段を選択するにしても天王星のある

ハウスのテーマが本質になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!