双子座というサインについて

ライターはwankoです。

双子座というサインの基本的な性質に付いて

書いています。

sponsored link

12サインの特徴 ③双子座♊

牡羊座、牡牛座に続き3番目は双子座です。

2番目の牡牛座で身体的に集中しましたが、

再び1番目の牡羊座が持つ積極性を

取り戻すのが双子座です。

牡羊座との違いは、牡牛座を経て身体性を

身に付け、自己の個体性を意識した上で

冒険すること。

双子座が好奇心旺盛で行動的なのは、牡羊座の

冒険性を回復し五感を使って動くから。

他人と競争する、出し抜く、個の能力拡大が

テーマになってきます。

ここでは個人の育成が目標なので他人との

共存・共感は眼中にありません。

個と個の戦いで勝ち抜くことだけ考えます。

これが転じて企業vs企業の戦いになると考えると、

ディーン・ルディアが言うように現代の

自由経済競争は双子座的なものなのでしょう。

資源には限りがあり、持つものと持たざるものが

出てくる殺伐とした世界像が双子座サインの

究極の姿なのかもしれません。

また、双子座は兄弟を表すとも言われます。

双子座、天秤座、水瓶座のような風のサインは

他者との交流に関わります。

このトライアングルのなかで唯一、個人の発達段階の

前半6ハウスに含まれるのは双子座です。

兄弟は家族という内輪の中に入り込んだ他者性を

味します。

この兄弟の登場で母親を独占できなくなり、母親を

奪い合う競争が生まれます。

この幼い頃の経験は双子座の初期的な体験のひとつです。

この不毛な争いを家父長制のもとで抑え、家族として

共存することは、双子座から次の蟹座への移行と

重なるのでしょう。

何はともあれ双子座は、個人の可能性を限界まで

発展させる事に挑戦する、とても貴重なサインなのです。

牡羊座はこちらです。

牡牛座はこちらです。

蟹座はこちらです。

獅子座はこちらです。

乙女座はこちらです。

天秤座はこちらです。

蠍座はこちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!