ノースノードと運命の相手(デジャヴ)

sponsored link

誰かに出会った時、どこかの土地に訪れた時に

デジャヴを感じたことがある人もいるかも

知れません。

誰かに出会って結婚することは単なる偶然

なのでしょうか?

出会いが無いという人がいますが、無人島に

住んでいるために誰とも会わないという

意味ではなく、ピンと来る人に出会わない

という意味です。

このピンと来るというのはデジャヴ

かも知れません。

占星術やスピリチュアルな事柄は再現性が

ありませんから全てが「かも知れません」

という世界ですが、それは売れる音楽と

売れない音楽に似ているかも知れません。

その時代、その時期に多くの人が聞きたい

音楽は決まっていると仮定したら

どうでしょう。

売れたいミュージシャンは売れる要素を

何割か含まないといけません。

大雑把に言い過ぎですが、ルックス、声、

音楽性何か売れる正解を含んでいるから

売れるのかも知れません。

これはある種のデジャヴです。

出会いたいものが現れるから、これだと

思って好きになったり、熱狂したりします。

同じ時代、同じ時期に生まれた音楽でも

好きな音楽は当然異なります。

それがデジャヴを感じる対象が違うからです。

突飛な発想に思えるかも知れません。

確かめようなないことですが、重要なことは

音楽に出会うことと結婚するような相手と

出会うことは音楽に出会うことと似ている

かも知れないということです。

sponsored link

何度もリピートして聞く音楽ほどデジャヴが

働いている割合が多いかも知れません。

音楽は誰かに聞いてもらうために作られて

いますから、少しでも「良いな」と思えば

手に取れますが、恋愛は「良いな」と思っても

様々な理由でスルーしてしまうことが多いでしょう。

「良いな」と思う度に毎回告白する人はいません。

やはり「良いな」と感じるプラスの要素が

色々と加わってきます。

そこには現実的な打算もあるでしょう。

それと同じように純粋であればあるほど

デジャヴ的感覚が含まれるのではないでしょうか。

他の人とはちょっと違って感じたとか、

輝いていた、面白かった、タイミングが良かった

等々受け止め方は様々ですが、自分の中に何かしら

参照する感覚があるから決められます。

ここにデジャヴが含まれているかも知れないのです。

自分で決めているつもりでも正解を感じ取って

いるだけかも知れません。

このデジャヴには相手そのもの場合もあれば

自分の愛の形にはまる相手と出会った場合という

こともあるかも知れません。

なぜならドラゴンヘッドとドラゴンテイルの

ラインであるノースノードに火星や土星が

スクエアの場合だと結婚しても離婚する場合が

けっこうあります。

ノースノード軸は過去世と関わる感受点です。

太陽や月で個人のキャラクターや相性を観ますが

それだけでは簡単に結婚したり、大恋愛に

なったりはしません。

どこかでデジャヴ感覚が働くことで、自分の様々な

ものが少しずつ動き出していきます。

簡易的な鑑定で相性が良くても何も動き

出さないのは、デジャヴが働く感受点を読むことが

難しいからです。

ノースノードだけではなく、様々な感受点には

デジャヴに関わる要素があります。

そこだけを強調して解説を書いたりすると、

占星術の基本的な意味が損なわれてしまいますし、

恣意的な要素が入り過ぎますが、実はそのような

部分が共鳴することで自分の愛を見付けます。

懐かしい心象風景。

そこをあなたと歩いているのはどんな人ですか?

ちなみにドラゴンテイルに相手の天体が

コンジャンクションしていると大変な関係に

なる場合も多々ありますから、現実的には

盛り上がるだけでは済みません。

魂側の言い分や好み、現実的な判断の両方を

併せてバランスを取ることが大切です。

そしてこのバランスは本当に人それぞれです。

魂側の活性が高いタイプの人は、それに合った

選択をしないと意味がありませんし、健康を

損なったり短命になる場合もあります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!