大阪女児誘拐事件(エゴを迷いなく実行する名前)

sponsored link

姓名判断記事です。

大阪女児誘拐事件は解決しても奇妙な印象が

残る事件です。

伊藤仁士容疑者自身も自分の明確な動機が

分からないままこのような事件を起こして

しまったのではないでしょうか。

かなり昔から姓名判断をしていますが

容疑者となる人たちの名前の特徴が

かなり変わってきています。

結論だけ言えば、伊藤仁士容疑者も

これほどの犯罪をする名前ではありません。

逆に言えば、天然です。

ナチュラルにこのような要素を持っていて

知恵(悪知恵)と判断でこのような事件を

起こしたということです。

そして名前だけで窺えることは、嫉妬心が

強い性格が子供に対する歪んだ関心を

持たせたのかも知れません。

以下は姓名判断です。

天格である苗字、伊藤は27画で五行金性です。

人格である藤と仁は25画で五行土性です。

地画である名前、仁士は7画で五行金性です。

外格は伊と士で9画で五行水性です。

総画数は34画です。

伊藤仁士容疑者の名前だけを考えると

誘拐しようと意図はそれほど強くなかった

かも知れません。

では何故、誘拐してしまったのかと言えば

変わった人ということでしょう。

sponsored link

総画数34画は、能力的に問題はありませんし、

五行の組み合わせは上から金土金で良い流れで

一般的にこのような五行の組み合わせは

総画数が悪くても、悪いなりに良い部分だけを

発揮することで何とか乗り切っていきます。

何故、このような大事件を起こした人物を

変わった人という評価でまとめられるかと言うと、

総画数34画で五行の相性が良いということは、

個性的な能力を発揮出来るタイプと読むからです。

34画は考える力や決断力があるタイプの人が

多い傾向があります。

五行が通るということはそれが素直に発揮されます。

そうなると元々の価値観がおかしいことを

意味します。

人格の25画は吉数ですが悪く出ると

個性が強くなり過ぎると偏った性格になり易く

その傾向強まることで法律を破ってしまうことが

ある画数です。

やり過ぎて事件を起こすタイプの画数です。

このような要素も表に出なければ良いのですが、

伊藤仁士容疑者の人格25画と外格9画の

組み合わせは迷いなく自分のエゴ(25画)を

追求します。

しかし五行の組み合わせは水土ですから、

上手くはいきません。

これが伊藤仁士容疑者の犯罪の理由でしょう。

このようなタイプの人は占星術でどのような

価値観を持っているのか観た方が良いです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!