太陽とリリスのコンジャンクションの育て直し的相性について

sponsored link

ネイタルのホロスコープではなく

相性(シナストリー)の場合です。

短期的には性的に惹かれ易い相性です。

リリスは地上的な価値ではないからこそ

魅力を感じます。

長期的には太陽サインを持っている人の

影響で人格の一部が変容するようなことが

起こります。

自分自身の現実的ではない生き方を

解放してしまい引き返せない生き方に

なってしまう場合もあります。

キャラクターの全てではありませんが、

長年の習慣や味覚が変わるようなことが

起きる場合もあります。

もしリリスが第9ハウスにあれば、

太陽側の人の価値観によって愛情に

対する感じ方に修正が働きます。

第9ハウスの影響については、

12サイン別、第9ハウスは絆を相対化するまなざし

に書いています。

これは太陽と第9ハウスのリリスの

愛情が生み出す育て直しの作用です。

この育て直しは第9ハウスにリリスが

ある人に働きますが、他のハウスにある

リリスであっても太陽側の人のキャラクターの

影響がリリス側の人のキャラクターを

変えるという意味では育て直しです。

sponsored link

リリスの非現実的、非日常的な部分を

現実に繋げるという働きにおいて

太陽側の人と深く繋がるので育て直しっぽく

なるのですが、育て直しのようになる相性

だからこそ惹かれ合うのです。

性的な関係は生まれ直すような働きがあります。

非日常(リリス)現実(太陽)が結び付く

(コンジャンクション)ことが短期的であれば

性的な関係であり、長期的であれば

育て直しになる理由です。

月とリリスのコンジャンクションも

太陽とリリスのコンジャンクションの関係と

同じような感じになりますが、月とリリスの

場合は太陽とリリスの場合ほど一方的な関係

ではなく、月側の人がある程度振り回されます。

月側の人の太陽と月の組み合わせを始めとする

キャラクター全体の問題になります。

リリス側の人の非日常的な度合いもやはり同じ

ようにホロスコープ全体の問題になります。

このような不安定要因があるので、月とリリスの

コンジャンクションの場合は強く惹かれ合いますが

最終的には惹かれ合い過ぎることが辛すぎて

別れることになる可能性があります。

太陽とリリスのコンジャンクションにしろ、

月とリリスのコンジャンクションにしろ、

総合的にホロスコープを見る必要があります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!