月のあるハウスの重要な役割と抱える欠点

sponsored link

ハウス別の月で最も重要なポイントは

月のあるハウスは生命エネルギーを補充する

場所ということです。

月は能力を表す天体ではありません。

生きるための活力をどうやって受け止めるか

どのような環境なら生命エネルギーを

無駄に減らさずに済むかということを

調整するポイントです。

生命エネルギーを貯蓄する機能を能力と

言えば言えないこともありませんが、

一般的な能力のイメージとは異なるでしょう。

一歩間違えば、月のあるハウスは怠け者の

ハウスになってしまいますが、エネルギーを

補給出来ない究極の形態が虐待的環境と

考えると、まずは月の性質に沿った環境を

大切にするべきと言えますが、あまりにも

快適過ぎるとそのハウスは成長の機能を

止めてしまいます。

イメージとしてはドラえもんののび太くん

みたいなものかも知れません。

sponsored link

月にも様々なアスペクトがありますから、

結局は居心地良く寝るだけのハウスには

ならないものですし、サインとの組み合わせに

よって眠りが浅くなる場合もあります。

月は蟹座の支配星ですから蟹座の月が一番

落ち着きます。

月の象意であるその人の情緒的な面に関する

様々なことは、月のあるハウスで育ちます。

そのハウスで養分を吸いながら本当のキャラが

出来上がっていくのです。

月の年齢域は0歳から7歳ですが、生涯、本当の

性格として働きます。

月は生き物として生きる上で最も重要な天体です。

しかしそれだけでは人間らしくはなれません。

太陽サインという理想とどのような関係になるのか

メジャーアスペクトやマイナーアスペクトがなくても

太陽サインと月サインの関係を度数域で考えることが

必要な天体です。

そのような面を考慮せずに純粋に月のハウスだけを

考えれば、生命エネルギーをチャージするために

必要なものは何かを知ることが出来ます。

居心地が良すぎて月が眠ってしまい過ぎないか

調整することも出来ます。

虐待される月のことを考えると居心地が良すぎて

眠り続けられるくらいの月のハウスの方が本当は

幸せなのかも知れません。

しかしのび太くんみたいにテストで零点ばかり

取っていても困りますから、何事もやはり

バランスが大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!