蠍座というサインについて

ライターはwankoです。

蠍座というサインの基本的な性質に付いて

書いています。

sponsored link

12サインの特徴 ⑧蠍座♏

天秤座以降の後半6サインは、前半6サインが個人として

目指したプロセスを、今度は集団という主題のなかで

繰り返したものです。

前半6サインのはじめの2サイン・牡羊座から牡牛座への

流れは、浮遊する魂が肉体に閉じ込められ、個体として

生きることを表していました。

天秤座から蠍座への推移もそれに似ています。

多様な人や視点と関わりながら浮遊していた天秤座は、

蠍座に移ると限られた関係のなかで生じる意味に没入し、

密接な関係性のなかで新しい社会的な自我を形成します。

これまでの自分を変容させるのです。

ここでもうひとつ重要なのは、牡羊座から牡牛座への

推移は火のサインから地のサインへの移行ですが、

天秤座から蠍座への推移は風のサインから水の

サインへの移行だということです。

前者は、自由に飛ぶはずが器のなかに閉じ込められる

イメージです。

後者は、自由に移動しているものが接着剤のような

『水』に関わることで他者に縛られることになります。

いつでも自由に逃げられる、そんな関係は

蠍座にはあり得ません。

そのなかで自分が大きく変質するまで脱出は

できないのです。

sponsored link

このメリットは、天秤座が求めても得られなかった

根本的な自我の変容が可能になることです。

蠍座は8番目のサインで、これは宇宙的な法則

であるオクターブの7(ドレミファソラシの7)に

さらに新たなドの音をを加え、両端からオクターブを

挟み込み、流通性を失わせた状態です。

オクターブについては別の機会にまた説明したいと

思いますが、蠍座ではこのオクターブの法則が

特定の場所で働くことを重視します。

自分にないドの音をどこからか借りてきて、自分のドと

外部のドでレミファソラシの音の両側を閉じるのです。

容易に分離しないように閉じる必要があります。

蠍座はこの外部から来たドのようなチカラに取り憑かれ

支配されるのです。

自分が変質するために、足りないものを外部に

パラサイトすることで補い、自身のなかにそれが

着した後に初めて、寄生した相手から

離れることが出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!