過去の傷をえぐる恋愛(相性)

sponsored link

ちょっときつい記事タイトルですが、

金星とキロンがコンジャンクションの

相性はキロン側の人の恋愛の傷を

金星側の人が触れてしまいます。

触れるというよりもえぐる感じです。

なぜなら金星側の人の恋愛に対する

影の部分を刺激しますから、なかなか

どうして穏やかにことは運びません。

キロン側の人はえぐられる時は辛いでしょうが

傷口を消毒する時の痛みのようなもので

膿んでいた傷口が少しずつ治癒していく

感触がありますからただ単純に辛い

ということにはなりません。

本当に辛いのは金星側の人でしょう。

自分自身が隠し続けてきた葛藤部分を

キロン側の人の過去の恋愛や家族愛を通して

目の前に突き付けられます。

総合的に見れば、どちらがどうという

ことではなく、このような相性の交際は

深い傷を負った人や育つ家庭で心に傷を

抱えてしまった人には必要な癒しの時間と

空間を与えてくれます。

以前の交際相手を引きずっていたり、

完全に切れていない、自分の力で切れない

場合も多々あります。

本当の癒しは心の傷を燃やすことでしか

得られません。

お互いの傷が癒えたら関係が終わることもあれば

そうでないこともありますから、交際そのものに

ついては総合的に判断して下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!