悪に救済を求める人と水星とキロンの関係

sponsored link

以前、水星のサインが人生を決める理由と使い方

という記事を書きました。

水星は双子座と乙女座の支配星ですから

双子座や乙女座のハウスも大切になってきます。

双子座や乙女座のハウスは、それぞれ異なりますから

まとめて語ることは出来ませんが、水星の働きに

制限、役割、方向性といったものを

与えてきますから見逃せません。

リンク先の記事に書いたように知性の切り取り方で

現実はいくらかでも変わります。

どんな生き方をする人にも言い分があります。

それは善人と言われる人であっても、極悪非道な

行いをする人も同じです。

現実をどのように解釈して、様々な事象を

判断して実行(火星)するのかで善人や悪人という

違いが生まれますが、それだけではありません。

キロンが関わる天体や感受点はナーバスに

なりがちですし、場合によっては癒し難い心の傷

としてその人の様々な動機になる場合があります。

このような傷をどのように解釈(水星)するのかに

よって人は悪魔に心を売るような決断をします。

sponsored link

分かり易く言えば神を信じられなくなり、

悪魔に救済を求めるのです。

どのような組み合わせがそのような傾向が

生まれ易いと書くと誤解を生むので

書けませんが、どんな時でもそれぞれの象意の

良いものを選択する意思が人生を良い方向に

導きます。

神も悪魔も人間が作り出した幻想です。

まったく同じものの波動が細やかになることで

神に見えて、荒くなればなるほど悪魔的な

姿で現れるだけですから自ら望んで

そのようになるものではありません。

波動が荒いということは「苦しい」

という意味です。

それは悪魔が苦しい存在であり、だからこそ

犠牲や破壊を欲するだけです。

これは冷静に考えると悪循環です。

苦しみを癒すために破壊や犠牲を求めることで

ますますそれらを欲するようになり、更に

苦しみが増すのです。

そのような状態で亡くなってしまうと自力で

苦しい状態から抜けられなくなります。

誰かが救済してくれるのをひたすら待たないと

いけなくなるのです。

象意の中の良いものに意識を向けることで

楽になる方向に向かいます。

悪魔にならずに天使を探しましょう。

心に傷があればこそ同じことで苦しむ

誰かの役に立とうとする選択もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!