第3ハウスの水星

sponsored link

ホロスコープの中で水星は、知性を表します。

水星の星座によって、知性が働く方向性や

理解の癖が分かります。

本当は水星の性質を単独で考えることは

良いことではありません。

完全にアスペクトの無い水星以外は

アスペクトを作る他の天体の影響を受けて

水星のキャラクターは変わります。

このような水星が第3ハウスにある場合

サイン(星座)以外にも、第3ハウスの象意が

意味する場で知性が働くことを示します。

第3ハウスが意味するものは以下のような

感じになります。

1、コミュニケーション能力

2、兄弟姉妹との関係性。

3、身近な他人(隣人や職場の人等)

4、身近な環境との適応能力。

5、狭い範囲での移動、小旅行。

6、具体的な技能の習得。

7、初等教育や常識を学ぶ分野。

第3ハウスの基本サインは双子座です。

水星は双子座の支配星ですから、水星は

第3ハウスにある時に最も力を発揮し

易くなります。

知性の方向性については水星の星座を

確かめる必要があります。

基本的に知的な才能に恵まれます。

どのサイン(星座)であっても

その性質に沿った形で知性の働きが

活発になります。

アスペクトによっては水星の働きが活発に

なり過ぎて弊害が生じる場合があります。

第3ハウスは活発になり過ぎると情緒的に

不安定になる傾向がありますから、

第3ハウスの水星は注意が必要です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!