パートナーがいる人限定の木星山羊座のチャンス

sponsored link

自分専用の幸運を見つけるならアセンダントをチェック

と言う記事にアセンダントは霊的な自分の手

だと書きました。

このような書き方をすると一般的な占星術

ではなくなるかも知れません。

私のホロスコープは霊媒体質の特徴がかなり

多く、そのような感覚でホロスコープの中の

様々な要素を照らし合わせていくと

アセンダントはそのような感じということに

なります。

水星のサインが人生を決める理由と使い方

という記事もやはり霊的な自分側の視点から

書いています。

月と冥王星のコンジャンクションもそうですし、

第12ハウスの月も同じです。

第12ハウスや第8ハウスもそうです。

第4ハウス、第8ハウス、第12ハウスは

ホロスコープの霊的な自分の通り道です。

その中で意識的にコントロール出来るのは

第8ハウスだけです。

深い関係、結婚生活、死、性的な関係等々

自分の意思で選択して飛び込んでいきます。

選択は第7ハウスの段階です。

何が言いたいかと言うと私は霊媒体質的な感覚で

感じたことを占星術用語で説明しています。

(このような自覚はあったのでwankoさんに

純粋な占星術部分を書いてもらいたいと

思っています。)

現実的にアプローチ出来る第8ハウスを

詳しく書きたいと思っています。

sponsored link

必要な時に必要なものを得るという意味では

第12ハウスは重要ですが、具体的にアプローチ

する方法を個人が持っていることが必要です。

そのような物を通さずに考えるととても

抽象的になってしまいます。

霊的には第4ハウスは霊的な自分にとって

育った家庭のイメージを採用しますから

第4ハウスも個人として幸運術の対象に

なりますが、両親の影響が強く個人的な

アプローチは難しいものがあります。

sの点自分自身で運命を選択出来る

第8ハウスは重要です。

第8ハウスという結婚生活の中には

パートナーがいます。

木星山羊座の記事を書きましたが、この木星の

力を最大限に生かすには、パートナーと自分の

山羊座のハウスの関連を理解する必要があります。

もしお互いの山羊座が第4ハウス、第8ハウス、

第12ハウスに入っていたら何かしら

二人で協力して大きく発展するチャンスです。

それらのハウスに入っている天体や感受点の

意味も関係がありますが、そこから読み取れる

文脈においてチャンスの内容が示唆されています。

インターセプトされていてすっぽりとそれらの

ハウスが含まれていても採用して大丈夫です。

パートナーがいる人は確かめて見て下さい。

二人で協力することで金銭的なものを

初めてとする様々な利益が得られます。

様々な組み合わせがあるのでここで

全部書くことは出来ませんが第4ハウスが

山羊座であれば家庭で仕事ですから自営業です。

第8ハウスが山羊座であれば会社組織でしょう。

第12ハウスであれば、第4ハウス、第8ハウスに

該当しない仕事と考えても良いですし、現実には

副業とも言えますし、他人には言い難い稼ぎ方

とも言えます。

大雑把に言えばこんな感じですが、これに

天体やアスペクトが関係します。

支配星の動きも関わりますから第4、8、12ハウス

以外のハウスの要素も引き込まれます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!