神田沙也加さんの離婚と第12ハウスの月

sponsored link

生まれ時間の午前4時39分という情報がが

正しければという前提まず最初にあります。

明確に断るべきポイントが2つあるのです。

大雑把に言えば芸能界で活躍する神田沙也加さんの

ホロスコープはそのようなタイプの人の

ものではありません。

社会的に活躍する第7ハウスから第12ハウスの

間にある主だった天体は第12ハウスの月

だけです。

このようなタイプの人は大きな葛藤を抱えていて

その苦しさを解決するために何が何でも譲れない

ものを抱えて社会で活躍する傾向があります。

第12ハウスに月があると母なるもの

(者ではありません)に価値を置き過ぎる

傾向があります。

男性であれば女性の綺麗な部分だけを受け

入れようとせずに恋愛が遠のくだけで

済みますが、女性は自分をそのような立場に

置こうとするために愛に関して難しい

複雑さを抱えます。

神田沙也加さんがアナと雪の女王のアナ役で

高い評価を受けたのも自分が描いている

イメージと役が近かったからではと考えます。

第12ハウスの月が生み出すこのようなイメージは

日常生活の中で育まれる愛では無理なことは

いつか誰でも気が付くものです。

本人自身が描く第12ハウスの月の愛の幻想は

現実には無いという絶望にどこかでぶつかるのです。

神田沙也加さんは芸能活動の中で日常にはない

第12ハウスの月の幻想を見続けることを

選択したのではないでしょうか。

第1ハウスに太陽がある神田沙也加さんにとって

第12ハウスの月が描く幻想を手放すという

気持ちはないでしょう。

そうなると違うものを捨てなくてはなりません。

第12ハウスの月を持つ女性にとって母親になる

ということは自分の幻想を根底から壊すような

現実に直面することは容易に理解出来ます。

神田沙也加さんに様々な報道がありますが、

このような理由で夫婦の中で子供を持つことに

対する気持ちが異なってくるのは本当に思えます。

神田沙也加さんの離婚理由が発表されたもの以外の

要素が事実だとしても第12ハウスの月の幻想を

守るための逃避が動機にあると思えるのです。

sponsored link

生まれ時間を断った一つ目のポイントです。

記事の冒頭で

「生まれ時間の午前4時39分という情報がが

正しければという前提まず最初にあります。」

と明確に断ったのは、神田沙也加さんのMCは

リリスとコンジャンクションで、ほんの僅かな差で

リリスは第9ハウスにあります。

解釈次第では第10ハウスのリリスとも言える

位置になります。

それでも一応第9ハウスのリリスと言える位置に

あるかどうかは差があります。

その差はMCと0、2度しかありません。

生まれ時間が異なれば完全に第10ハウスの

リリスの可能性があります。

第10ハウスのリリスは非常に厄介なリリスです。

社会的に目立ってしまいどうしても困難を

抱えますが、これは父親が神田正輝さんで

母親が松田聖子さんということと無縁ではないでしょう。

リンク先に書いたようなことを避けるためにも

なかなか休業や活動を抑えて子育てをするという

選択は本能的に怖いでしょう。

そのような生い立ちを第1ハウスの太陽らしく

親の七光りを拒否して解決を図ってきたと

思われるのですが、第10ハウスのリリスから

生じる厄介さは芸能活動されているように

同じ目的の中で自分の目的を達成することで

解決されます。

しかも第7ハウスから第12ハウスまで月しか

ありません。

しかも人前に出ない第12ハウスの月です。

そうなるとMCと非常にタイトなリリスの

コンジャンクションは大きな意味を持ちます。

リリスの非現実的な高揚感を社会的に認められる

形で達成するために芸能活動は本当に適している

のでしょう。

もちろん芸能活動にも様々なものがありますが、

神田沙也加さん自身が適切に仕事を選択してきた

からこそ現在のような立場を得られているのでしょう。

生まれ時間を断るべき二つ目のポイントです。

大雑把に考えるだけでも、もう一点離婚と

併せて考えるべきポイントは、

第8ハウスのドラゴンヘッドです。

「生まれ時間の午前4時39分という情報がが

正しければという前提まず最初にあります。」

と明確に断らなければならない理由は、

第8ハウスのカスプが牡羊座の21、36度で

ドラゴンヘッドは牡羊座の21、37度です。

その差は0、01度です。

生まれ時間次第では第7ハウスのドラゴンヘッド

かも知れない位置です。

神田沙也加さんの魂が求める価値が第8ハウスに

あるのか、多くの人との交際や自由恋愛を

意味する第7ハウスにあるのかは、今回のような

離婚理由を考えるともしかしたら第7ハウス寄りに

なる可能性もあります。

離婚ですから村田充さんとの相性を始め、他に

占う要素は沢山ありますが、お二人の離婚理由が

たまたま子供問題だったので女性の第12ハウスの月

という観点から離婚を考えてみました。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!