恋愛・結婚の相性を第9ハウスで考える方法

sponsored link

相性が良いはずなのに、信じていたのに

上手くいかなかった時は第9ハウスを

考えてみて下さい。

愛のエネルギーを生み出す関係が弱かった

かも知れません。

本当は、「あらゆる幸運に最も重要な第9ハウス」

というタイトルにしようかと思いましたが

第9ハウスを総論的に書くととても曖昧になるので

今回は恋愛に絞ってみました。

第3・6ハウスと得する能力(生き残る能力)

という記事を書きましたが、第3ハウスや

第6ハウスは私たちが身体を持っている間は

重要な幸運術の材料になります。

つまり生きている時、幸運を現実化する能力です。

心が充実していても衣食住全てがなければ

困ります、そう言った意味です。

現実に必要な部分です。

物が満たされても自殺する人もいますから

「心」が重視されますが、衣食住が欠乏していれば

まず衣食住です。

衣食住に求めるレベルはその人の価値と支払うべき

労力と応相談です。

物だけ揃えるのに全ての時間やエネルギーを

消費するのは本末転倒です。

心の問題は第9ハウスです。

この第9ハウスは第3ハウスや第6ハウスと

対立するものではなく、それらを含みます。

第9ハウスと対立するのは、完全に物質化した

第10ハウスです。

ここでも第10ハウスが悪という意味ではなく

物質的な側面を社会的に安定させたものが

第10ハウスです。

sponsored link

第9ハウスに関しては以前、

母親の愛と第9ハウス

№1、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス牡羊座。

№2、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス牡牛座。

№3、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス双子座。

№4、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス蟹座。

№5、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス獅子座。

№6、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス乙女座。

№7、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス天秤座。

№8、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス蠍座。

№9、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス射手座。

№10、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス山羊座。

№11、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス水瓶座。

№12、母親から、どのように愛されたか 、第9ハウス魚座。

という記事を書いています。

簡略化された書き方ですが、それぞれの人の第9ハウスを

丁寧に掘り下げると更に豊かさが取り出せます。

第9ハウスは物心両面の豊かさを含む精神性です。

これが恋愛に反映される一つのパターンとして

自分自身の第9ハウスのサインと恋人やパートナーの

太陽サイン(星座)と同じになります。

これを応用してお互いの第9ハウスのサインが

どの天体で受け止めているかという見方も出来ます。

第9ハウスのエネルギーを実現するために

手段としての第3ハウスや第6ハウスが動きます。

相性の見方は様々なものがありますが、存在そのもの

エネルギーが二人の間でどのように循環するか

ということも重要な部分です。

このようなエネルギーのコアな部分を流すために

月サインや金星サイン、火星サインの相性が

良いとお互いのエネルギーが簡単に隅々まで

楽に行き渡ります。

逆に根幹のエネルギーを発生する関係でないと

お金や恋愛感情といった一時的なものが

なくなれば相性が良くてもどこかで

愛情に関するエネルギーそのものが枯渇します。

どちらかが大富豪であれば消費するだけの

恋愛や結婚も可能です。

逆に何もない二人でもエネルギーが枯れなければ

回っていくものです。

何もかも完璧な相性はありませんし、相性にも

得手不得手があります。

相性は絶対にこうならなくてはならないという

意味ではありません。

最後にもう一度書きます。

お互いの第9ハウスのサイン(星座)とお互いの

天体がどの天体が同じサイン(星座)かを見れば

根本的な愛情のエネルギーの流れが分かります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!