第7ハウス

ライターはwankoです。

第7ハウスに付いて基本的なことを書いています。

sponsored link

ハウスとは何かを考える 第7ハウス

第7ハウスはアセンダントの反対側にあり、

逆送の配置からアセンダントを助けます。

人はアセンダントで個の発祥を体験します。

しかし自分が何者であるかは意識するには

認識のための対象が必要です。

第1ハウスから第6ハウスまでは、まるで

内蔵器官で過ごすかのごとく内面的、

個人的な経験です。

第7ハウスに到達することで、初めて対外的に

はっきりした自分を意識し、作り出すことができます

と同時に外からの印象もなだれ込んできます。

天秤座と共通しています。

例えば、身近に複数の人がいて、彼らがみなあなたに

対して「君って楽しい人だね」と言えば、

その時初めて『ああ、私って楽しい人なんだ』

と気がつきます。

つまり関わる相手の目線の中に自分の姿を投影し、

相手からの情報がフィードバックされることで、

あなたの中に『人との関係で成り立つ人格を持った私』

という自覚が生まれます。

もちろん第6ハウスまでの間に、自分ではこういう

能力があり才能があると思い込んでいたでしょう。

しかし第7ハウスで関わる相手が誰ひとりあなたの

価値を認めてくれなければ、こうした思い込みは

葬られてしまうのです。

「私はこういう人間」と主張しても周りがそれを

否定すれば長続きしません。

あるいは自分の主張を守るために、否定する人々との

関わりを絶ち第5ハウスまで退行してひとりで

生きると決意しなくてはなりません。

従って、第7ハウスにある天体、あるいはルーラー

(支配星)の持つアスペクトは個体の客体化のための

試験を表しています。

sponsored link

厳しいことを言うようですが、どんなに強い意欲を

持っていようが、どんなに長い間努力しようが、

この第7ハウスで評価されないならすべては

無駄な行為なのです。

希望に満ちた子供時代を送り、自分は素晴らしい才能に

恵まれたと信じていても、いざ社会に出てみると

無数の素晴らしい人がいて、自分は平凡な大多数の中の

ひとりに過ぎない、と思い知らされます。

第7ハウスは時として残酷な、破壊的な場所です。

第7ハウスは結婚に関する事柄も意味します。

実際は、次の第8ハウスが結婚生活を示し、

第7ハウスはその結婚に入る前の相手の選択、

その時の試行錯誤を意味しています。

第7ハウスは個人が社会的に発展するための自己像を

模索する段階です。

このときに一番の協力者となるのは結婚相手で、

自分に足りない性質を補い、異性に対する憧れや

願望や夢が投影されます。

社会的に安定した自己像を、相手の力を借りつつ

確立するのです。

『元気で積極的に働く人が好き』という女性と結婚した

男性は、元気に積極的に働くことを求められ、

長い結婚生活のなかでいつの間にかそんな自分に

なりきります。

結婚は、相手の目線にあるイメージを洋服のように

着ることで社会的な自分像を作り上げる一番

簡単な方法です。

もしも結婚によって強固な型にはめられてしまうと、

その後の運命や未来のエネルギーはずっとそのままの

状態で進むことになります

このような結婚生活は『人生の墓場』だと

言われるでしょう。

結婚相手や共同生活者は、人格の身近な鏡として

個人を社会的に安定させてくれますが、この鏡は

歪みや曇りがないわけではありません。

どうしても相手の人格の狭さや偏り、好みなどが

反映されてしまいます。

そうした鏡に映して自分を創ることは、その人が

持つ可能性の芽を摘み取ることにもなりかねません。

宝石のような輝きを持つ人であっても、周りに

『石』しかない世界にいれば、その宝石の価値を

誰も理解せず、変わった『石』としか認識されない

という悲劇が起こります。

第7ハウスにおける個性の客観化、それは純粋で

客観的な意識に到達するのではなく、現代社会

という現実の中に落とし込まれ、その鏡の中に

生きる以外に方法がないという事実を表しています。

確かに、人は第7ハウスで対外的に自己実現する

チャンスを掴みますが、自分が望んでいたような

イメージ通りには決してなりません

何故なら自分の『望み』とは第1ハウスから

第6ハウスまでの持ち物だからです。

第7ハウスは結婚相手だけでなく、仕事上の協力者、

社会に出るときの援助者なども意味します。

協力者や配偶者を選ぶとき、誰でも何人かの

候補から選ぶはずです。

相手はあなたに対して、記憶の中にある

人物像の投影を勝手にします。

たくさんの人と付き合うと様々なイメージがあなたに

ぶつけられてきます。

このイメージをまともにすべて受け入れると、

あなたの人格像はバラバラになってしまいます。

ある人の見方は拒絶し、ある人の見方は容認する。

このような選別が大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!