2020年の運を良くするための自分専用のスタート地点

sponsored link

2020年の運気が12月26日の新月から

始まりますという記事を書きましたが、

運を良くするためには自分に必要なことに

意識を向ける必要があることを書き忘れていました。

一応、元記事にも加筆しておきましたが、

沢山の方に読んで頂いてしまった後のようなので

別記事で加筆のお知らせ記事を書きました。

加筆部分は以下の通りです。

「12月26日の新月が何ハウスで始まるか

調べてその中から自分のテーマとなる

象意に意識を向けることが2020年を

良い運勢にするコツです。」

年間を通しての運はその都度変わりますが、

何事も最初の運気は大切です。

ネイタルのホロスコープが大切なことと同じです。

12月26日の新月は山羊座4、11度くらいです。

この度数が自分のホロスコープどこにあるか

ということを調べます。

sponsored link

霊的な自分と体側の自分という書き方をしますが

適切なものを見極めるには2極にあるものを

セットで考えることが大切です。

身体側の私たちはホロスコープを作って新月の

ハウスを確認しますが、該当するハウスの象意の中から

ピンと来るものを選び取るは霊的な自分です。

象意に関してはいずれアップしたいと思います。

霊的な自分と現実の自分がセットで自分です。

結局のところ現実の幸福は霊的な自分に

合ったもの、人(象意)を現実の中から如何に

選ぶかにかかっていますから

(幸運術の肝です。自分のエネルギーというお金で

何を購入するかは実は恋愛の相性と同じくらい重要です。

お金持ちほど無駄な物を買いません。)、

安易に書けない部分があります。

その象意と理由を併記しないと危険(誤解)という

側面もあります。

象意の中からピンと来るものを選ぶ時に悪い方向に

向いたら駄目です。

運が悪い人はその中から心配事を選び取ります。

そうではなく該当するハウスの象意の中から

希望を選択することがコツです。

希望を1年かけて育てていくのです。

身体側の自分は物質的、感情的ですから

現実的な幸運を求めますし、その辺りが充実しないと

惨めな気分になります。

霊的な自分の願いが叶えられる物質的な希望を

探すのがコツです。

上手く願いが叶わなかったり、願いが叶うことで

かえっておかしくなるのは、それらが分離して

どちらかだけに偏ってしまうからです。

恋人同士がクリスマスプレゼントとして一緒に

リングを選んだとします。

見栄を張って値段だけで考えても切りがありませんし、

色々何だか苦しい感じがします。

二人で気持ちを込めて選べば金額以上の価値が

感じられるリングを選ぶことが出来ます。

その時点で単なる物ではなくなります。

気持ちが込められていないものは去っていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!