公費で不倫旅行は無理な幸運術

sponsored link

安倍首相の補佐官である和泉洋人補佐官と

厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・

医療占領室次長)である大坪寛子さんが、

公費(税金)で不倫旅行をしたのしないので

報道されていますが、第12ハウス的世界を

利用した幸運術はこのような権力に食い込む

ような馬力はありません。

和泉洋人補佐官は太陽サイン牡牛座ですから

66歳でもそういうことが好きな可能性も

高い可能性があります。

厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・

医療占領室次長)である大坪寛子さんは、50代

だそうなのでそんなに無理がないのかも

知れません。

金星と火星はセクスタイルですから、そのような

方面にも積極的になり易い資質があります。

ただ太陽と冥王星がスクエアなので、もう少し

気を配った方が良かったかも知れません。

安倍首相の補佐官である和泉洋人補佐官の太陽は

恐らくサビアン度数牡牛座27度ですから、

プレゼン上手の可能性があります。

厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・

医療占領室次長)である大坪寛子さんは、

山中伸弥教授に対して「iPS細胞の研究には

1000億円以上の補助金が国から支給されるが

そんなものは私の一存でどうにでもなる」

発言したと言われています。

このような権力の中枢に関わる世界と

まったく無縁の幸運術です。

自由に好きなことをして生きることと社会競争が

併存しないとは言いませんが、まったく別の

スキルが必要になります。

出世がかかってくるタイミングには上司の隣に

必ず座る努力をするような気持ちはそれはそれで

大切ですが、生き辛い気持ちや繊細過ぎる人が

楽しく生きられる道を求めるような幸運術とは

まるで別物です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!