月星座 双子座と幸運術

sponsored link

月はあらゆる幸運術の土台になります。

月が自分なりに安定していないと

あらゆる努力が駄目になります。

様々な幸運術を駆使するにしても

気持ちが安定していないと努力や愛が

こぼれ落ちていきます。

どのようなホロスコープであっても

幸福感の伴った成功はあらゆる行動に対して

自分の月を丁寧に扱うことです。

月の日常的な役割が健全に反映されると

睡眠や栄養のある食事をとることや

気持ちの通い合う人間関係を維持する

ことが出来ます。

睡眠、適切な食事、親しい人間関係は

月の働きを良くして、月の働きが良いと

快眠、健康、情緒的満足が高まり

更なる相乗効果が生まれます。

逆の流れにはまると良い流れに戻すのは

かなり大変です。

生育環境が悪い月の流れの場合は

そこを改善するところから始まります。

その辺りは「ボロボロな気持ち、身体」の

カテゴリーに書いています。

月星座は本能みたいなものですから、

理性的に捉えてバランスをとって

あげることが大切です。

それは自分を大切にするということです。

自分を否定しても何も生まれませんし、

ただ甘やかしても自分を生かせません。

月は気持ちです。

気持ちは身体の快適さと想像以上に

関係があります。

気持ちを上げるのに強い刺激を用いるやり方は

長い目で見たら大きなマイナスです。

身体を通して優しいケアを心がけましょう。

sponsored link

月星座が双子座の人の特徴です。

月星座が双子座の人は話し好きで明るい一面と

一人の時にふっと気持ちが沈むような情緒が

揺れ易い面があります。

この揺れ易さと好奇心を向ける対象が多いのは

裏表になっていて月星座が双子座の人の

本当の意味でのキャラクターの軸です。

当たり前ですが同じ月星座双子座の人でも

好奇心の幅は異なります。

好奇心の幅が広ければ広いほど情緒的に

不安定になる傾向があります。

これは好奇心の裏に飽きっぽさがあるからで

月星座が双子座の人はかなりのスピードで

好奇心を向ける対象が変化していきます。

月は無意識な心ですから、一定範囲の興味を

行きつ戻りつするのですが、特に若い時は

その範囲が本人自身にとっても未確定なために

大人になった月星座が双子座の人に比べて

かなり情緒的に不安定です。

月星座が蟹座の人のように常にメンヘラっぽい

感じであれば悩まないかも知れませんが

とても明るくて積極的な自分といきなり

どーんと落ち込む自分の落差に戸惑うことは

仕方ありませんが、これは月星座が双子座の人の

基本的な性質であって心の病気ではありません。

ただ悪いスパイラルに入ったまま放置して

こじらせてしまうと本当に心の病気になります。

月星座が双子座の人の一歩間違うと心の病気

にも思えるような気持ちの揺れは双子座独特の

繊細さであり双子座的感性が研ぎ澄まされるほど

気持ちの揺れは激しくなります。

双子座的と言うのは精神の酷使された状態です。

好奇心の鋭さ、面白いものに対する反応の良さに

気持ちがついてこれなくなるタイミングで

俗に言う被害妄想っぽい状態に陥りますから

どうにかして頭の回転を止める必要があります。

占星術的に双子座の身体部位は肺や肩・腕です。

大きく深呼吸をしたり、肩ではなく肩甲骨を

ほぐしてみて下さい。

気持ちが軽くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!