ハウスと幸運術(12ハウス別解説リンク)

sponsored link

占星術を実際の場面で幸運術として生かす場合は

各ハウスの様々な要素に強く意識を向けることで

作用点を作り出します。

気持ちの強さに応じて作用点の影響力は変化しますが、

そもそもどこに、どんな風に集中力や想像力を

向ければ良いのか分からなければ意識を練り上げる

ことが出来ません。

そう言った意味でハウスに関する基本的な考え方は

とても大切です。

占星術は数字や図形の意味で作られていますから

理解を重ねることで様々なハウスの象意を

見出すことが出来ます。

本当のことを言えば全ての存在に第1ハウスから

第12ハウスが詰まっています。

ですから幸運術はその人の意識の向け方次第です。

現実に何を見出して、どのように想像力や集中力を

そこに向けるかという自分自身の問題になります。

客観的に幸運術というものが存在している

わけではありません。

自分自身の中にあるものと対応するものを

外側に探し出す作業です。

恋愛の相性もその一つです。

第1ハウス

第2ハウス

第3ハウス

第4ハウス

第5ハウス

第6ハウス

第7ハウス

第8ハウス

第9ハウス

第10ハウス

第11ハウス

第12ハウス

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!