牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の月の前兆の作り方

sponsored link

月星座の牡羊座、蟹座、天秤座、 山羊座の

幸運の前兆の作り方に付いて書いています。

なぜ、無自覚な月サインで幸運の前兆と思われる

かも知れませんが、月サインそのものが、

幸運の 前兆を作り出すわけではありません。

この願いを叶えたいとか、このままでは

終わりたくない と考えて頑張っても、

月は見えないバイアスとなって幸運や成功を

邪魔をする要素を持っています。

月という気持ちは、理性の働く前提です。

活動サインの月は、その好みに従って、

無自覚に飛び出していきます。

これは抑えが利くものではありませんから、

理性が従うしかありません。

牡羊座の初期度数に近い考え方になりますが、

自由にさせるしかありません。

その自由の方向性を理性で積み重ねていくように

心がければ幸運の前兆をつかむ確率が上がります。

振り返ってみて、反復的に興味関心を持つ方向を

自覚することで、単なる思い付きに終わらずに

理性で深めていくことが可能になります。

理性と言っても、経済的な損得にそのまま直結する

ような具体的なことではなく月本来の役割である

気持ちと身体を繋ぐ部分の強度が増すことで、

良い反応が出せたり もうひと踏ん張りが利くような

間接的な好影響の方が多いかも知れません。

他の天体との絡みやハウスによっては、月が

興味を示す分野自体を仕事にする場合もあり得ます。

月は最終的な受け皿ですから、月を少し自覚すると

幸運の前兆をつかみ易くなります。

活動サインの月は、あまり意識すると良い部分が

消えますから、落ち着いた時に振り返ってみるような

感じが良いかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!