月星座 獅子座と幸運術

sponsored link

月はあらゆる幸運術の土台になります。

月が自分なりに安定していないと

あらゆる努力が駄目になります。

様々な幸運術を駆使するにしても

気持ちが安定していないと努力や愛が

こぼれ落ちていきます。

どのようなホロスコープであっても

幸福感の伴った成功はあらゆる行動に対して

自分の月を丁寧に扱うことです。

月の日常的な役割が健全に反映されると

睡眠や栄養のある食事をとることや

気持ちの通い合う人間関係を維持する

ことが出来ます。

睡眠、適切な食事、親しい人間関係は

月の働きを良くして、月の働きが良いと

快眠、健康、情緒的満足が高まり

更なる相乗効果が生まれます。

逆の流れにはまると良い流れに戻すのは

かなり大変です。

生育環境が悪い月の流れの場合は

そこを改善するところから始まります。

その辺りは「ボロボロな気持ち、身体」の

カテゴリーに書いています。

月星座は本能みたいなものですから、

理性的に捉えてバランスをとって

あげることが大切です。

それは自分を大切にするということです。

自分を否定しても何も生まれませんし、

ただ甘やかしても自分を生かせません。

月は気持ちです。

気持ちは身体の快適さと想像以上に

関係があります。

気持ちを上げるのに強い刺激を用いるやり方は

長い目で見たら大きなマイナスです。

身体を通して優しいケアを心がけましょう。

sponsored link

月星座が獅子座の人の特徴です。

月星座が獅子座の人は強烈な自己肯定感を

エネルギーにして生きています。

自己肯定感覚と生命力は同義語になるレベルです。

子供時代であれば根拠が無くても自分を肯定する

ことは当然のように出来るのですが、問題は

一定の年齢に到達した時です。

月星座が獅子座の人が心から望むものは

自分が一番であるレベルです。

ところが誰でも一番になれるものではありません。

月星座が獅子座の人も太陽星座が何であれ

そのことは頭の中では理解出来ていますが、

月星座が獅子座であるということは安心感と

一番であることが密接に繋がっていますから

ふとした瞬間に一番でない自分を感じ取って

背中に悪寒が走るような不安に襲われる

ことさえあります。

本当の愛情関係では月星座が最も大切だと

書いていますが、月星座が獅子座の人は

このような不安を感じさせないタイプの人に

愛を感じます。

これは好みとは別問題です。

好きなタイプの人でも根本的な不安が胸に

頻繁に去来するようでは長続きしません。

月星座が獅子座の人は実力だけで一番を

狙っている間は本来の魅力は発揮されません。

愛し愛される関係の中で自分が一番なんだと

感じられるようになることで、本当に自分が

求めている1番の意味を悟ります。

そのような月星座が獅子座の人特有の不安が

解消される程度に応じて、本来の長所や魅力が

表れてきます。

これは子供の頃の愛の意味を理解せずにただ純粋に

キラキラしていたものとは異なる包容力を持った

明るさや強さです。

月星座が獅子座の人が持つ勇気や正義感、包容力、

陽気さといったような素晴らしい資質が

周囲の人の心や雰囲気を明るいものにします。

月星座が獅子座の人特有の不安の理解やそれと

付き合う術を持つことで本当に無敵になります。

人が身体を持つ存在である以上、人生は「今」の

連続でしかありません。

その「今」を生きる力が最も優れている月星座です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!